幽冥無実

雨ばかりの今夏の中で、昨日は珍しく曇りの予報だったので、かねてから行ってみたかった場所にお出かけしました。JR 山手線「日暮里駅」。関東以外の人だと案外読みづらい地名かもしれませんが、「にっぽり」と読みます。まあ、用がなければそうそう行く場所でもないように思います。
日暮里駅の周辺は谷中(やなか)という地名で寺と墓地が密集しているエリアです。さすがは徳川の菩提寺「寛永寺」のある土地柄。で、僕の目的地もとあるお寺なのでした。「普門山 全生庵」、臨済宗のお寺で開基はかの山岡鉄舟(勝海舟に先立って西郷隆盛と会見し、江戸城無血開城に貢献した人です)。
ここは鉄舟の菩提寺でもあるのですが、もう一人明治の有名人の菩提寺でもあります。初代三遊亭圓朝。怪談噺で有名な噺家さんですが、その芸の精進のため多くの幽霊画をコレクションしたことでも有名な方です。そう、僕が行ってみたかったのはこれ。
全生庵 
幽霊画は本やテレビなどで見たことはあったのですが、生で見たことはなく一度見てみたいと思っていたのです。ましてや、今夏は毎日毎日、じめっとした曇り空、昼間でもなんとなく薄暗く幽霊気分を味わうには却ってよかろうと思った次第。加えて今年はスペシャルな幽霊画も特別展示されているのです。
お菊さん 
関東大震災の折に焼失されていたと思われていた鏑木清方作「茶を献ずるお菊さん」が、ネットオークションにかけられているところを発見され鑑定の結果本物と判明。94年振りに展示されるとのこと。これは見に行かねばなりますまい。(NHKニュースから)
展示室はもちろん撮影禁止なので写真を残せていないのが少し残念ですが、全ての掛け軸はショーケースではなくそのまま壁に掛けているだけという展示スタイル。まじまじと顔を近づけて鑑賞することができました(触っちゃだめですよ)。件のお菊さんの絵は茶器を捧げ持って深々と頭を垂れている構図でどんな顔をなさっているかは伺い知れない。けど、だからこそ余計に想像力を掻き立てられるんですよね。怒っているのかな? 恨めしい顔をしているのかな? 泣いているのかな? とつい考えちゃいます。
一わたり見て回って、僕が一番気に入ったのは円山応挙の幽霊図かな。すっごい美人なのです。けど、よく見るとこれは生きてる人じゃないなとなんとなくわかるという。
一口に幽霊画と言っても老婆のような痩せさらばえた絵から、西洋画のデッサンを取り入れたちょっとバタ臭い美人画風のものまでいろんなタイプがあって面白かったのですが、おしなべてどれも顔が笑ってない(ま、当たり前か)、寂しそうな恨めしそうな顔立ちのものばかり。天才圓朝は夜、乏しい灯りの中でこれらの絵を眺めながら新作の噺を練ったのでしょうか。写真で見ると圓朝自身が幽霊みたいに痩せた爺さんのような雰囲気があるので、傍から見てるとその場面がもうひとつの怪談みたいなもんだったんじゃなかったのかしらん^^;
スポンサーサイト

夏日

台風五号がすごいらしい。明後日くらいには関東の方にもやって来るのかな。
とまれ、今日はからりと晴れた夏日です。その分、じっと座ってるだけで汗がじわっと出るわ出るわ(顔文字の意味が違うぞ)
大半の人はここで、「エアコン、スイッチオン」となるのでしょうけど、僕は結構この状況が好きなのです。ときたま吹く風の心地よいこと。エアコンをかけちゃったらそれは味わえないよなぁ。
昨日、今夏初めてのスイカを戴きました。食べながらしみじみ思ったのですが、このスイカだってエアコンを利かせた部屋で食べたらこんなには美味しくないだろうなぁということ。
夏は暑いものと割り切って多くの人がエアコンのスイッチを切れば随分と街は涼しくなる気はするんですけどね。ただ、特にご年配の方は熱中症など怖いですから無理はなさらずといったところかな。

禁酒宣言

普段このブログは深い意図もなく、思い浮かぶよしなしごとを書きなぐっているだけで実益を兼ねるものではないのですが、たまには実益を兼ねて。
太った。半年で4kgくらい太った。だから体が重くて日常生活の動きにキレがない。加えてここ数日、シャレにならない程足がむくんでいる。原因は明らか。酒の飲み過ぎによる肝臓の疲弊あるいは障害。
とりあえずは酒をやめなさい。夜、口寂しくなったら原稿用紙に字を埋めなさい。その方がよほど建設的です。
そして、1週間経ってもむくみが引かないようであれば必ず近所のクリニック行くように。独断は厳禁。肝臓は重要臓器だけど障害が起きても痛みなどを発しない傾向にあるので放置はヤバイ。
わかったら、返事は……。はい、よろしい。

魔法のほうき

あまり評判にならなかったみたいなのですが、2017年冬アニメに南鎌倉高校女子自転車部というのがありました。ストーリーは女子高生のわりとゆる~い友情と成長物語でその機軸が女子自転車部の創設になっています。物語もさることながら自転車に関する基本的な解説(姿勢、シフトチェンジのコツ、注意事項などなど)がなされていて何十年も自転車に乗っていながら知らなかったことも多くためになりました。何より目から鱗だったのは「意外に遠出ができる乗り物」だと改めて気付かされたこと。僕にとって自転車は駅や近所のスーパーに速くいけるくらいの感覚だったので、乗るのはせいぜい10分か15分。けど、30分、1時間かければ思いもしない場所まで行けることに気付いたのです。
で、一念発起して隣駅まで行ってみることにしました。隣駅と言っても馬鹿にできなくて戸塚駅から大船駅までは電車でも10分ほどかかります。距離にして8km、自転車なら30分くらいかな。戸塚-大船間は川沿いに自転車専用道が伸びているので意外に楽ちん。車も歩行者もこない道はなかなか快適です。たどり着いた大船駅駅前は──夢のような場所でした。足しげく通った大阪の天満を思わせる細く長く伸びた商店街に人、人、人。みっしりと並んだ店舗には食料品を中心に所狭しと商品が並んでいる。で、結構安い。実家に帰ってきたような安心感に浸りながらそぞろ歩き、買物を楽しみました。ちょっと衝動買いなどもしちゃったな。
それもこれも自転車君のおかげ。

♪自転車は魔法のほうき、隣の町までお遣いだ。

子どもの頃に聞いた歌など思い出してしまいました。これからはちょくちょくあちこち行ってみようかな。

夏らしい朝

今年はあまり雨が降らないこともあって7月半ばにして夏らしい天気が満喫できてます。
数年前、8月に晴れの日が数日もなかった年はひどかったな。いつまで経っても梅雨空で気が付くと秋が来ていたみたいな。
我が家は目の前がJRの線路で遮るものがないこともあり、強い風がひっきりなしに通ります。なので、夏場でもエアコンをつけることは皆無(てか、コンセント抜いてしまってるし)
アイスを食べるにせよ、スイカを食べるにせよ、トウモロコシを齧るにせよ、冷酒を呑むにせよ、やっぱ暑くなければ趣も半減するというもの。エアコンがガンガンかかった部屋で寒さに震えながらビールを飲むなんて論外です(って、お前は飲み食いでしか夏を体感しないのか)。
夕べは久しぶりにお酒を呑まずに寝たので今朝はすこぶる体調がよろしい。6時半にして既に30度超えている夏らしい朝を満喫しながら、今日一日どうやって夏を楽しもうかなと考えております。
あ、熱中症は怖いから水分補給だけは怠らないようにしないとね。
プロフィール

choal29

Author:choal29
酒と料理をこよなく愛するシステムエンジニアです。
食卓応援サイト「Gの食卓」を運営しています。
↓こちらもよろしく!!
http://diningg2011.web.fc2.com/index.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR