社会と世間さま

他所の国がどうかは知りませんが、この国では自分と他者を取り巻く環境が二重になっていると思っています。
誰もが社会の一員であり法律という規律を守ることを義務付けられています。それとは別に自分を取り巻く世間さまという環境があって、こちらでは法とは別の不文律が活きているように思うのです。
その二つの環境のどちらの規律に重きを置くかという意識が変わった転換点は第二次世界大戦の終結、アメリカ式民主主義の流入にあったと僕は思います。それより前は、社会的に問題なくても(法を守っていても)、世間さまに顔向けできないような生き方は強く非難されていました。それが戦後から時代が下れば下るほど、法律を犯してないんだから問題ないでしょという風潮が横行しているように思います。たとえば、数日前に見掛けたニュースで飲食店で食べ残した料理をわざわざ写真に撮ってSNSにアップする人がいるというのがありました。確かに無銭飲食しているわけではないので法に触れることはありません。でも、それって世間さまに顔向けできるないとは思わないのでしょうか? 思いのほか多い量の料理が出てきたらまずは減らしてもらえないか交渉すべきです(それ以前に量がウリの店なら注文時にそうすべきですよね)。それでも食べきれなくて残してしまった場合でも、ごめんなさいとお店に一言詫びるくらいの気遣いは欲しいところです。料理を残したことを誇らしげに、これみよがしに世間さまに公表するなんて言語道断、というか僕には理解不能な行動です。「金は払ったんだから、買ったものをどうしようが俺の勝手」とでも思っているのならこの国の民度の未来に昏い不安を抱きます。
過日、福知山線脱線事故の裁判で歴代の社長が全員無罪となりました。確かに法に照らせば彼らを有罪にするのは難しいと思います。もちろん、自分が運転していたわけではありませんし、安全対策や社員の指導はいくらやっても、事故は起きる時は起きてしまうものだと思います。JRも全くの無策だったわけではなく、相応の対策は打っていたわけですから罪に問うのは酷かもしれません。けどね、それはあくまでも社会的に許されたということで世間さまに赦されたかというとそれはまた別の話だと思うのです。この裁判はもともと、神戸地検に不起訴とされていましたが、市民からなる検察審査会の2度の起訴相当議決を受け、強制起訴されたものです。法律は起訴しないと言い、市民は起訴相当というこのギャップがまさに社会と世間さまとのギャップだと思います。
遺族でもない僕が口を挟む非礼を赦してもらえるならば、彼らが一番望んでいたのは歴代社長が刑務所に入ることではなく、一人一人の遺族の前で「自社の不手際で大切な方を死なせてしまって申し訳ありませんでした」と手をついて謝ることだったんじゃないでしょうか?
終始、事故は予見できなかった、私は悪くない、社会的には問題ない、詫びの言葉より先に保身の言葉を並べ立てていた彼らを見ていると、社会は許しても世間さまは赦さないと思わないのか? いったいどういう育ち方をしてきたんだ? と強く思いました。──会見のニュースを見る度に昏い気持ちになったものです。
裁判で無罪になれば法律的には問題ありませんから社会からは赦されたことになります。けど、自分の胸に手を当てて世間さまに顔向けできないことをしてはいないか? そう問うことを疎かにする国に明るい未来はないと僕は思うのです。
スポンサーサイト

職人がいなくなる時代①

過剰な残業が問題視されるようになって久しいですが、決定打になるような対策もなく改善はまだまだ難しいみたいですね。この話題が上がる度に人を増やせ、給料上げろなんて声をネットで見かけますが、発言している人はそうなったらどうなるか想像したことあるのかな?
給料上げろというのは、子供が親にお小遣いアップしてというのと同じことです。会社も無尽蔵にお金を持っているわけではありません。どんなに頑張っても一年で稼げるインカムは限りがあるのです。安易に子供の小遣いをアップしたら、被服費、遊興費など削り易い費目から削らないといけなくなります。お小遣いアップしてと安易にいう子どもに限って、服買ってくれない、旅行に連れてってくれない。と文句を言うんじゃないでしょうか?
人を増やすということは、自分の仕事を人に取られるということです。一人っ子だから晩御飯のおかずを独り占めできていたのに6人兄弟になったらおかずは奪い合いになるという想像は働かないのでしょうか? それとも一人当たりの仕事量は減るけど同じ給料がもらえるとでも思っているのかな。何度もいうように会社だってインカムには限りがあります。人を一人増やして養っていくのがどれだけ大変か、親の気持ちになれたなら安易には言えないセリフだと思います。
それにね、人を増やせば仕事が楽になるというのはたいした熟練を必要としない単純作業に限って言えることです。多くの仕事は未熟な人材を大量投入したらお荷物を押し付けられるだけでそれこそ職場が破たんを来すと想像できないのかな? ただでさえ、自分の仕事で手一杯なところに右も左もわからないひよっこが大量にやってきて「教えて、教えて」とぴぃちくぱぁちく囀り続けられる状況を想像したら僕ならぞっとしますが
ネットに横行する子供が親にねだる視点の発言にうんざりして益体もないことをつらつら書いてしまいました。けど、この発想の根底には、「会社はお金をもらいに行くところ」という考えが透けて見える気がするのです。本来、会社は働きに行くところです。給与はあくまでもその労働の対価に対して支払われるものです。時間給的発想の弊害だと思うのですが、何時間仕事したからいくらもらえるという発想が間違いなくこの国には横行しています。本当はどれだけの仕事量をこなしたからいくらもらえるであるべきなのに、多くの会社では1時間に10の仕事をする人も、1時間に1の仕事しかしない人もひとしなみに同じ給料に換算されます。だから、働いた時間=もらえるお金と勘違いする人がいてもおかしくはないんですけどね。
時流に反するコメントですが、残業の批判は職人を育てるという目的には相反するものだと僕は思います。何時間働くことに価値があるのではなく、何を創出したかにこそ価値はあるから。そして、価値あるものを創出するためには特に未熟なうちは相応の時間の労働が必要だと思うのです。残業代の未払は論外だと僕も思いますが、特に若手の頃に多くの残業をこなすことを僕は否定しません(仕事の質によりますが)。それを否定することは人を育てることを否定することで、やがてこの国から職人がいなくなってしまっても構わらないという発想に繋がると思うからです。
今日は従業員サイドの甘さについて書いてみましたけど、雇用サイドにももちろん問題はあります。もう少し書きたいので明日、続きを書きます。

異論を認めない

スポーツが嫌いな中学生を現在の半分に減らす――なんて、目標をスポーツ庁が掲げたそうですが、ネットなどで反発の声も挙がっているみたいですね。かくいう僕も運動は大の苦手で子供の頃から体育の授業は大嫌いだったので、正直ほっといてよと言いたい派かな。
体育の授業の何が嫌いって、たとえば「今日は跳び箱やります」と先生が言って一列に並ばされて順番に跳ぶだけ。跳べなかったら、「こんなに低いのになんで跳べないの」って目で見られることはあっても、どうやったら跳べるかという指導をされた記憶がまるでないのです。先生の視点はあくまでも跳べる子と跳べない子を選別して点数を付けるだけ。あれほど、教えるということが手抜きな授業はなかったんじゃないのかな。って、音楽とかもそうか。いきなり先生がピアノ弾いてそれに合わせて耳で覚えて歌うだけで、楽譜の読み方は教わらなかったもんなぁ。ホントはドの音はこれですよと順番に教えて覚え込ませれば初見でも楽譜は読めるはずなのですが、小中9年音楽の授業をやって曲の聞き覚えしかできない子を大量生産しているだけの授業でしたね。
そもそも「スポーツが嫌いな中学生を現在の半分に減らす」という発想自体が嫌で、それって「スポーツは好きで当たり前、嫌いになる奴がおかしい」的な考えが透けて見えるじゃないですか。スポーツが嫌いな人がいても当たり前という発想はないのかな? 人をひとくくりにして物を言うのは好きじゃないけど、体育会系の人にありがちな「俺が好きなんだから、みんなも好きに決まってる」的な独りよがりな発想、それに対して異論を唱えると「お前変わってるな」の一言で済ませてしまう無思考が僕は何より嫌いです。
体育が嫌いだったのに反比例するみたいにそれ以外の授業はそれなりになんでもできたので、僕もどこかで「この問題のどこが難しいんだ?」と傲慢なことを考えていたのかもしれません。でもね、いくらなんでも数学が嫌いなやつがいることが信じられないとか、理科が嫌いってお前変わってるなとは思いませんでしたよ。スポーツ庁の目標を見た時に「けっ」と思ってしまったのは、「数学が嫌いな中学生を半分に減らす」という目標が並行して掲げられてなかったからもしれません(ま、スポーツ庁の仕事じゃないでしょうけど)。
スポーツが好きな子は健全でまっとう、数学が好きな子はちょっと変わってるとでも言いたいのかな? なぁんて、運動の出来ない子のひがみでそう思っちゃうのですよ。

本音をぶつけない

ネットのコラムでこんなのを見つけました。ある男性からの相談。同棲している恋人から結婚の意思を伝えられたので、「君が結婚したいのなら、結婚してあげても良い」と言ったらブチ切れられました。僕は生涯彼女と一緒にいたいと思っているけど、結婚とかそういう縛りはどうでも良い。正直にそれを言っただけなのに彼女の態度はどう思います?
いや、どう思います? と、聞かれれば。あんたはアホかと思いますとしか答えようがないのですが この男性が結婚に対してどういうポリシーを持とうがそれは勝手ですけど。相手が同じポリシーを持っていると無思考で考える(というより信じて疑わないというべきか)のは浅慮も良いところ。ましてや、それをストレートに口に出すのが許されるのは「お前の母ちゃんで・べ・そっ」って言ってられた幼稚園児くらいまでです。つまり、この男性は就学以降全く成長していないんでしょうね。少なくとも人とのコミュニケーションに関しては。
似たような話で職場の後輩が結婚することになって「披露宴に出席して戴けませんでしょうか」と何人かの同僚にお願いして回っていた時のことを思いだします。中の一人(これも僕の後輩)が一言、「うーん、行きたくないから良いや」。…………、なんと申しましょうか。普段の彼の言動から、結婚式なんてただの形骸化したセレモニーと思っている節があったので言動に他意がないことはわかるのですが、ストレートに言ってどうする。そこは無難に「その日はどうしても外せない用事があって」と言うべきでしょと教わらないとそれすらできないんですかね。この後輩はそれ以外でも問題のある言動が重なって職場を辞めていくことになりましたが。

ネットニュースに対するコメントで、「普通××だろ」という言い回しを見かけます。この<普通>って単語はすごく上から目線なニュアンスがあって暗に相手に対して「この常識知らずが」と言ってるようなものだと思うのです。一面識もない相手にそれをぶつけることがどれだけ失礼か発言者はまるで気付いていないようなんですよね。これも「××であることが多いと思うのですが」という言い回しにするのが気遣いってもんだよと教えてやらないと分からないのでしょうか?
人はそれぞれ自分の中に規範と呼ばれる物差しを持っています。その規範は一人一人異なっていて相手が自分と同じ物差しを持っていないと知っていないのは無知か幼稚、あるいはその両方です。ましてや、自分の規範に即して言葉をぶつけるのは暴挙以外の何物でもありません。ぶつけられた相手が十分大人ならやんわりと気遣いをしてその場を収めてくれると思いますがぶつけた相手が気遣いをすることは終にありません。ただ、そういう人は敬遠されていずれ周りに親しい人がいなくなるだけだと思います。本音はストレートにぶつけるものではなく胸に秘めるものと、肝に銘じたいですね。

縁はありやなしや

お見合いがお流れになった場合、よく「ご縁がなかった」という言い方をします。逆に縁談がまとまると「ご縁があったのですね」なんて言ったりします。良縁、くされ縁、奇妙な縁、私達は遥か昔から人と人の出会いや別れを必然と捉え、「縁」というもののなせる業と考える風習を持っているようです。
けど、非常に無味乾燥な話になっちゃいますが、縁というものを科学的に捉えてしまうと途端に胡散臭くなるんですよね。なぜなら、縁を語る時人は先に結果を見てしまうから。結果を捉えて縁があった、なかったかを判定するからです。科学的思考は原因から結果を予想するものなので思考のプロセスが真逆なのです。縁があるかどうかを判定するのはいつだって結果が出てから。縁のありやなしやの判定は究極の後付け作業なのです。

なら、縁を語ることは非科学的で無意味なことなのでしょうか? 結論から言うと僕はそうは思いません。第一に「非科学的=無意味」という風潮に疑問を感じます。第二に非科学的であると断じるのは早計だと思うのです。現実に、妙に気が合って結婚に至るカップルがいます。あるいは、付き合いたくもないのに妙に絡んでしまう悪友がいたりします。縁があったなかったとでも言わなければ確率論だけでは説明がつかないことは現実に世の中にあるのです。ただ、そのメカニズムは少なくとも現代科学では立証できない。だから非科学的というのは非論理的です。いずれ、縁と呼ばれる因子の正体が解明されれば不思議でも何でもない科学的理論として理解されるようになるかもしれません。で、縁を語ることが無意味じゃないと思う第三の、そして最大の理由は『人の感情を科学で宥めることはできないから』です。
好きで好きでたまらなかった人とついに結ばれることがなかった時、「それはあの時、君がああ言って、彼女がそれをこう捉えて……」なんて巧くいかなかったことを論理的に説明されたらどんな気分になるでしょう? ま、大概は余計に落ち込むか、ぶち切れるのが関の山ですよね。そんな時はただ一言、「縁がなかった」と言えば良いのです。慰めにはならないにしろ気持ちを切り替えるきっかけくらいにはなるんじゃないでしょうか? よくお葬式は故人のためではなく残された人の気持ちを切り替えるために行うものだなんて言われたりします。縁にも同じような効果があるんじゃないかと僕は思っています。
メカニズムは分からないけれど人と人の出会いや別れを司る因子として『縁』という装置があり、その装置に人は抗うことはできない──そう考えれば手の届かなかった人を諦めて前を向くこともできますし、結ばれた相手をありがたいと思い大切にすることもできます。人の感情の前では時に科学は無力です。そんな時、科学になり代わって感情を慰める装置の一つとして『縁』というものがあると考えれば無意味だなどとは言えますまい。
プロフィール

choal29

Author:choal29
酒と料理をこよなく愛するシステムエンジニアです。
食卓応援サイト「Gの食卓」を運営しています。
↓こちらもよろしく!!
http://diningg2011.web.fc2.com/index.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR