退化していく世界

ある日目が覚めるとスマホがなくなっている。大慌てで探すもののどうしても見つからない。仕方なく、仕事に出かけるが職場では自分のスマホがなくなったという話題で持ちきりだった。どうやら同僚たちのスマホもなくなっているらしい。気を取り直して仕事をしつつ情報収集した結果、状況が見えてきた。
スマホの消失は世界規模で起きている。スマホに限らず携帯電話が全て消失している。
携帯電話のキャリア、製造会社もなくなっている。だから買い直しもできないし、そもそも通信のファシリティがなくなっている。
人々の記憶からスマホが欠落していることはない。それの利便性は十分わかっているのに、もう二度と使えない状況になっている。
その日を境に世界は携帯電話がなかった時代の生活に逆戻りしたという話。けど、たかだか2、30年前の話、慣れてくれば案外普通に暮らしていける。不便になったことを嘆きながらそれでも人々は暮らしていく。
それから何ヶ月かしたある日。コンビニがなくなった。店舗がなくなり、経営する会社も物流網もなくなった。人々は不便を嘆きながら1970年代と同じ暮らしにシフトしていく。
それから更に何ヶ月化したある日、ATMがなくなった、駅の券売機がなくなった、パソコンがなくなった──不自由な生活の中で少しずつ人々は1970年代にどうやって暮らしていたかを思い出し生活の知恵を見出していく。

ちょっとしたSFサスペンス(それともホラーなのかな)のプロットを考えてみました。スマホもコンビニも「なかったら死ぬ」みたいに言われていますが本当にそうか? という問いが骨子。答えはもちろんNo。スマホもコンビニも便利なファシリティだけどライフラインではありません。水道がなくなったら命にかかわる大事ですが、スマホやコンビニはなかったらなかったでなんとかできます。それどころか行き過ぎたスピード感が喪われて人はスローライフを取り戻せるんじゃないかとすら思えてしまうのです。今の世の中はバイクのエンジンを積んだ自転車を無理やり漕がされているようなもの。とうの昔に足が追いつかなくなっているのに、やれ漕げそれ漕げとせっつかれることしきり。むしろ、何をするにも相応に時間がかかっていた時代に戻ったならば人の気持ちにゆとりを取り戻せることができるんじゃないかな。

物語のラストはどう結びましょうか。
「依頼していた書類はさっき郵送したっていうから、明日か明後日には届くってさ」
「よっしゃ、じゃ今日はもうやることもないから飲みに行くか」
そんな会話を交わして会社を後にする2人のサラリーマン。赤ちょうちんの暖簾をくぐるシーンでフェードアウトなんてのが良い気がするな。
スポンサーサイト

誤字・脱字撲滅委員会

職場のとあるプロジェクトで作成される文書に誤字脱字が大量に発見されてお客様からお叱りを受けたらしい。ま、なんとか収まって納品も済んだらしいのですが、今後ともついて回る話だし対策を考えんとあかんなぁということで、なぜか「お前が誤字脱字撲滅のレポート」を書けと白羽の矢が背中に刺さりました。
んで、今週の後半はコラムや文献と首っ引き誤字・脱字の分類から初めて作り込まれるメカニズム、効率的な潰し方まで勉強したのでメモしておきます。
まず、誤字・脱字など日本語表現の誤りは3種類に分類されるもの。1つ目は語彙に起因するもの。いわゆる誤字・脱字になります。2つ目は語法に起因するもの。例えば、「会議が煮詰まってなかなか結論が出なかった」というのは誤りで「「会議が行き詰まってなかなか結論が出なかった」が正しい。煮詰まるというのは議論をし尽くしてゴールが見えてきた状態。もうすぐ、結論が出るねという時に使います。3つ目は文書作法に起因するもの。…や―は二文字続けて……――と書くとか、!や?など特殊記号の後は一文字空けるというルールが守られていないもの。
ぶっちゃけ、2つ目と3つ目は知ってなければどれだけ目を皿のようにして見ても誤りに気づきません。けど、1つ目は手の打ちようがあります。誤字が作り込まれる原因は2種類あって一つは変換ミス、もう一つは語彙に対する知識不足(不足の事態×、不測の事態○みたいな)なのですが、前者は漢字だけ追えば結構見つかる。脱字が作り込まれる原因はほぼ100%パンチミスなのでこれも注意深く目で追えば見つかります。
で、効率的な文章校正法。まず、心構えとして「文章を読まないこと」。それをやるとむちゃくちゃ時間がかかります。目で追うのはあくまで単語であり、文字と心得よ。
で、用意するのは印刷した文書(かならず印刷すること)と赤ペン(黒以外なら何色でもOK)。
やることは4つです。
漢字に焦点を当てて(漢字だけを目で追って)その字が間違っていないことをチェックする(その際、目は単語(熟語)で捉えるのではなく一文字ずつバラして読むこと)。で、あっていればペンでハネを入れる。ページの最後まで来たら漏れがないか再確認。(誤字のチェック)
同じ要領で漢字の直後のかなに焦点を当ててチェック(送り仮名のチェック)
「、」や「。」の直前に焦点を当ててチェック(てにをはのチェック)
数字に焦点を当ててチェック(特に桁数や0の数)
パンチミスや脱字は見つかったらラッキーくらいにしておいて後はツールを使って潰す。というものです。パンチミスや脱字だけ投げやりなのではと思われるかも知れませんがこのへんが人力チェックの限界なのです。ちょっと、次の一文を読んでみて下さい。
こんちには みさなん おんげき ですか? わしたは げんき です。
よく読めばおかしいって気づきますが、パッと見は正しく読めちゃいますよね。人間の脳は文章を読むとき文字ではなく単語の単位で把握していて、単語の最初と最後の文字が合っているとそれ以外の部分が間違っていても補正して正しく読んじゃうんだそうです。これを「タイポグリセミア現象」と言います。それだけ脳が高性能だということなのですが、こと校正に関してはこの能力がジャマをします。なので、そんな補正機能を持たず機械的に文字を追ってくれるツールが必要になるのです。
さてさて、せっかくお勉強したんだしいっちょ日常生活で実践してみようかな。
あ、最後に一つ。校正(日本語の誤りを正す)と推敲(より表現に文章を磨く)は全く別物です。なので、同時にやってはいけません。あくまでも校正をやる時は校正に集中しましょう。

小さな非日常

沖縄のラジオドラマの公募に応募する小説で主人公にちょっとした異能力を持たせたことがあります。それは調理器具や料理に触れただけでその料理が作られる工程が脳裏に浮かぶ能力。彼はその能力を使って幻になった料理の再現をしたりするのです。後日、ネットの書評サイトにも投稿しいろいろな意見を頂いたのですが、中に「よくこんな設定を思いつきますね」と言ってくださった方がいらっしゃいました。言われて改めてなんで思いついたんだっけ? と振り返ったのですが、ちょっとした習慣というか日常の訓練みたいなものをやっていて思いついたんだと思い至りました。
僕は普段から見慣れた景色が目に入った時に「もし、これが××だったら?」と空想するクセがあるのです。例えば、朝、通勤で駅に向かう途中。眼の前に数人のサラリーマンや学生が歩いているとします。いつもと変わらない朝の風景なのですが、もしこれが……
全員、女性だったら?
 →既にかなり異常な光景です。おっさんが一人もいなくて女の人ばかりというのは少なくとも何十年もお目にかかったことがありません。ただ、まだ許容範囲の異常さかな。
全員、幼稚園児だったら?
 →一瞬、遠足かなとも考えますが、そのわりにはつるむでなく皆別々の目的を持って歩いているように見える。そんなの見てしまったら回れ右して家に帰りたくなるかも。
全員、よぼよぼのおじいさんだったら?
全員、外国人だったら?
全員、相撲取りだったら?
全員、色違いの同じスーツを着たOLだったら?
半ば無意識のうちにそんなことばかり考えてるんですね。で、面白いネタを見付けたらメモしておく。こうして日々、小説の種が僕のネタ帳に溜まっていくのです。曰く
いたら面白い。猫舌のドラゴン
一人メル友→自分のPCから自分のスマホにメールを送る、それを読んで返信を自分のPCに返す。
パクった作品がそもそもパクり作品だったら?
更生刑。刑務所には入れない。ただし、刑期(二十年とか三十年とか)の間は一切の犯罪には手を染められず模範的社会人として生きることを強いられる。反すれば無期懲役。
ただの人探しの依頼かと思ったら、復讐のターゲットを探していた
なんてね。ちょっとした趣味みたいなものですが、空想するのはタダ。なんて安上がりな趣味なんだ。しかし、猫舌のドラゴン。火を噴く時にどうするんでしょうね

一期一会の料理店

その店の料理はちょっと風変わりだ。
なにが、変わっているかと言えば、同じ料理を二度は食べられないのだ。次に店を訪れると品書きは新しい料理に変わっていて毎回違うものを出される。客たちはそれがさも当たり前の顔をしてそれに箸を伸ばす。常連の誰かが言っていた。「え? 全く同じ料理が出てきたらどうするかって? そりゃ、金返せって暴れるに決まってるよ」

そんな料理店が現実にあったとしたらびっくりしますよね。というかあり得ない。料理のレパートリーが無限湧きするような料理人がいたら超人を通り越して既に人間の域じゃない気がします。
けどね、仕事のジャンルが変わるとそれが当たり前の業界もあるのです。それが、創作の世界。いくら人気を博した小説でも次回作は新作でなければいけない。前とは違う料理を出さなければいけないのです。そういえば、中学時代の音楽の先生が言ってたな。人は誰しも一つの旋律を持っているって。プロの作曲家はその一つの旋律をアレンジしてまるで違う音楽のように聴かせることができるんだって。近代マジックの父と言われたフーディーニのところに若いマジシャンが弟子入りを申し込んできたエピソードも思い出しました。「君はいくつくらいマジックの種を知っている?」とフーディーニが尋ねると「200くらいは覚えたと思います」と弟子入り志願君。するとフーディーニは「そいつは、凄い。僕は2つか3つしか知らないよ。僕が君に教えられることは何もなさそうだ」と言ってお帰り願ったのだとか。マジックは種そのものよりもそれを使って不思議をどう演出するかが肝心。彼はそれに長けていたのでたった2つか3つの種から無限のマジックを生み出すことができたようです。
ワンパターン、マンネリ、前にも観た気がする。観客はいつだって容赦なく創作者を苛みます。そのブーイングに心が折れないように、潮流に飲み込まれてしまわないように、足掻き続けるのが創作者の一番の苦しみなのかも知れませんね。それでも、会心の料理を生み出して観客の顔が輝いたらそれは料理人冥利に尽きるのでしょう。その日を夢見て創作者達は今日も新しい料理に挑むのです。

夢日記

引き続き、素面で就寝しているため夢多き夜。
物語を作る仕事や趣味を持つ人はそのネタを集めるのに種々工夫するのですが、よく聞く技法の一つに夢日記というのがあります。枕元にノートと筆記具を用意しておき、目が覚めたらすぐに今見た夢を記録しておくという方法。夢というのはその場では鮮明に覚えていてもあっという間に忘れてしまうものなので起き抜けが肝心なのです。
何度かやったことはあるのですが、僕の場合はろくなネタが集まったことがありません。飲み屋のカウンターのバカ話と同じでその場では直木賞物の面白い話に感じたりするのですが、はっきりと目が覚めてみると(しらふに戻ってみると)何が面白いかさっぱりわからない話だったりする。その点、昨夜の夢はどうだったのでしょう。
寝入りばなに見た夢は家人に聞かせられないような艶っぽい夢。僕はまだ二十代でひなびた旅館で4つ年上の幼馴染の女の子と再会するというシチュエーション。確かに僕が3つ、4つの頃に近所に小学校に上がったばかりの女の子がいてよく遊んでもらってました。彼女はわりとすぐに引っ越していってしまったのでその後、50年の人生で接点は全くないのですがよく夢の中に出てきたよな。柔らかな唇も僕の腕の中で身動ぎする細い躰の感触も浅い夢から醒めてもしばらく遺っているほどリアルな夢でした。
それからいくつかの夢をさまよった後、月夜を歩く夢を見ました。その夜はいわゆるスーパームーン、夜道は青い光を浴びて昼のように明るかった。阪急電車の線路脇を歩く僕の耳に唐突な汽笛の音、振り返ると機関車が轟音を響かせて走ってくる。しきりに汽笛を鳴らしながら「ああ、楽しい。ああ、楽しい」と歌うように声をたてるシュールな機関車(をい)。その巨体は僕のわきを過ぎると空へと舞い上がっていったのです。というところで、場面は転換して僕の友人にこの実体験(?)を物語にしたいと熱く語る僕。そんな素っ頓狂な話がウケるものかと嗤う友人。
「いや、そのままだったら確かに荒唐無稽だし、陳腐でもあろうさ。けど、物語を脚色するのは書き手の技量。たとえば、こんな話ならどうよ」
と、プロットを語ったのです。
ここからは夢日記の抜粋です。
タイトル「月夜の奇跡」
展開プロット
スーパームーンの夜、3人の人物が夜道を歩いている。(恋に悩む主人公、いじめられて怪我をしている小学生、ギャンブルで借金苦の男)
三人は月のスポットライトの中、線路を機関車が走っていくのを見る。
その後、三人は機関車の置き土産に不思議なグッズを手に入れる。(主人公には魔法の薬(それを飲んで話せば相手は必ずそれを肯定する(愛の告白に効果的)。但し一回しか効かない、といわれるが効果の程は怪しい)、小学生にはヒーローの変身バッジぽいもの、ギャンブル男にはよくできたおもちゃの札束)
彼らはすぐにそれを捨てようとするが蒸気機関車の情景を思い出してなんとなく捨てられずにいる。
→そこから本当の奇跡が3人に起こる。
テーマ:奇跡は人を助けるためには起こらない。行動を起こすきっかけとして起きる。本当に奇跡を起こすのは常にその人の行動である。
夢日記抜粋おわり
久しぶりに夢日記を付けてしまいました。僕が記録したのは幻想的な機関車の夢ではなく、その後友人に語った、脚色プランの部分。読み返すとありがちで陳腐なお話なのですが、よく夢の中であの荒唐無稽な機関車の夢をこのプロットにまとめたよなとちょっと感心したのでブログに書いておきます。
プロフィール

choal29

Author:choal29
酒と料理をこよなく愛するシステムエンジニアです。
食卓応援サイト「Gの食卓」を運営しています。
↓こちらもよろしく!!
http://diningg2011.web.fc2.com/index.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR