酒肴の極意

僕はこのブログに書くネタを思いついた時に忘れないようメモを採るようにしています。塵も積もればなんとやらでいつの間にか結構な量になっているのですが、根がいい加減なものでたまに書いた本人もなんのことやら理解できないメモがあったりします。その中の一つにこんなのがありまして長らく頭を悩まされておりました。

趣向の極意

それが夕べ晩酌をしている時にその料理が酒の肴足り得るための一定の条件ってあるよなぁと思い立ち忘れないように「酒肴の極意」と入力したところ「趣向の極意」と変換された これのことだったのかい(汗) ということで長年の謎も解けたことですし今日は酒の肴のお話です(前振りが長い)。
酒の肴の条件の一つ目、甘いものは向かない。落語できんとんを肴に酒を呑みたがる話がありますがあれはあくまでくすぐり(笑わせどころ)。一般には塩辛いものあるいは甘辛いものがやはり酒には合います。そしてやや濃いめの味付けのものが良いようです。
条件の二つ目、汁物はあまり向かない。酒自体が液体なので液体同士というのはあまり向かないように思います。ま、中にはすまし汁でビールを戴く通人もいらっしゃるようですが。
条件の三つ目、箸で細かく取ってちまちま食べられるものが向く。酒を一口すすっては肴を一口戴くというプロセスを繰り返しますので骨付きのがっつり系の肉を出されてしばらくは料理に専念しないといけないようなスタイルは向きません。同様の理由でラーメンのように一旦丼に向かえば食べ終えるまで専念しないといけないようなものも向かないと思います。
条件の三つ目は特に重要で万国共通みたい。昔のスペインの国王は「ワインを飲むときは必ずタパス(小皿料理)を食べるように」というお触れを出したそうですが、これもそこに通じるんじゃないかな。
おおよそ、この三つの条件を守っていればどんなものでも酒の肴になってしまいます。例えば、塩や味噌で日本酒を呑むなんて強者もいらっしゃいますが僕はありだと思います(塩は苦手なのでやったことないですが、味噌はあります)。酒の種別に合わせて和洋中に拘る必要もなく(日本酒には和食とかウィスキーには洋食とか)、例えばウィスキーに漬物なんてのが意外に合ったりするんですよ。
酒肴に向く料理はまた、お弁当のお菜にも向くことが多いです。お弁当が求める条件が「傷み予防のために味は濃いめに付ける」、「液状物は避ける」、「お弁当箱サイズに収まるよう小さく切り分けられるものが良い(骨付き肉等は収納しにくいので向かない)」と酒肴と被るから当然の帰結なのですが。
ということで(なにがだ)、僕の日々の食生活はお弁当を作る⇒残ったおかずが晩酌の肴になるという非常に合理的なルーチンを構築しております。って、酒を呑む言い訳にしかなってないなぁ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

choal29

Author:choal29
酒と料理をこよなく愛するシステムエンジニアです。
食卓応援サイト「Gの食卓」を運営しています。
↓こちらもよろしく!!
http://diningg2011.web.fc2.com/index.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR