FC2ブログ

職人がいなくなる時代②

一日8時間労働制に感じた危機感は、労働時間の不足などではない。働くということが、ただの決まりきった作業になってしまうということだ。

かの発明王エジソンの言葉です。一部のごく単純な作業を除くと多くの仕事には熟練度によって生産性や品質に差が出ます。そして熟練度はどれだけその仕事をこなしたかによってしか上昇しないものなのです。8時間より10時間、10時間より16時間こなせばこなしただけ熟練度は増します。ただ、ロボットではなく人間がやることなので労働時間を増やせば疲弊が増して、いずれぼろぼろになるということを織り込まなければいけません。
多くの企業の現場ではこの辺りのバランスを読み誤っている気がするんですよね。分かり易くいうとロボットに仕事をさせているという思い違いがあるような気がします。更に、生産性と品質を重視するあまり、熟練工ほど酷使する傾向にある気がします(だって、その方が沢山製品ができて儲かるから)。腕に覚えのある職人の中には自分を酷使することに快感を覚える人も多くいますからその相乗効果で過労に倒れるなんて悲劇が生み出されるんだと思います。
資本主義に基づく企業の理念はアウトカムを抑えてインカムを増やすこと、これに尽きます。だから残業代も社員の給与さえもできれば払いたくない。払わずに労働だけさせていられればどれだけ素晴らしいことかという発想に行きつきます。けどね、従業員はロボットじゃありませんからそれではモチベーションが下がって当たり前。がむしゃらに働こうがサボっていようがもらえる給料が同じなら楽したいと思うのも残念ながら自然な発想です。こんな勤務態度で熟練度が増すわけもなくただ、機械的に作業をこなす人間を量産するだけになるのは目に見えてます。

職人がいなくなる時代を本気で危惧するのなら企業は給与体系を時間給から成果に対する評価に見直すべきだと僕は思います。外資系はそういった発想が進んでいますが、この国では随分と遅れています。
で、あともう一つ方策を提言します。
機械をもっと進化させること。東野圭吾のプラチナデータの中で、陶芸家の指遣いを精密に再現したロボットが登場します。そのロボットが作り出す陶器は陶芸家の作品と何の遜色もなく、ロボットが作ったということを知らない陶芸家の息子は「こっちの作品の方が良いね」と言って陶芸家に大きな衝撃を与えます。これは絵空事ではなくロボットやコンピュータのテクノロジーはそれを実現するところまで来ているのです。小説の公募に「コンピュータによる執筆も可」という断り書きが登場するようになってきていますし、事実コンピュータが執筆した小説が一次選考を抜けたなんてニュースも話題になりました。タダで働いてくれる熟練工が欲しいのなら企業はもっと真剣にロボットに投資すべきではないかなと僕は思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

choal29

Author:choal29
酒と料理をこよなく愛するシステムエンジニアです。
食卓応援サイト「Gの食卓」を運営しています。
↓こちらもよろしく!!
http://diningg2011.web.fc2.com/index.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR