FC2ブログ

作家でごはん

昔、ライトノベル作法研究所というサイトにお世話になったことがあります。サイト名だけ見るとオタクっぽい印象がありますが、わりとガチにエンタメ系の小説を構築する方法論が丁寧に紹介されていて非常に勉強になりました。このサイトの1コーナーに小説の投稿サイトのリンク集があったのですが、その中に「作家でごはん」というサイトが紹介されていました。
「本気で作家を目指す人たちが集まり、意見を交換するためのサイト」とあって、数ある投稿サイトの中でもガチの作家の卵(一日の多くの時間を執筆に費やしているような人たち)やセミプロが集まってくることで定評のあるサイトのようでした。投稿コーナーは鍛錬場と呼ばれて、ここに投稿すればそういった人達から書評を投げてもらえるという仕組み。但し、「初めて小説を書いてみました、お手柔らかにね」なんて作品を投稿しようものなら「ここは貴様のような者が来るところではない」と袋叩きに遭うのは必至、そうとうな自信作でもそれこそ重箱の隅をつつくような辛辣な意見が並ぶよと恐ろし気な但し書きがしてありました。
根が臆病者なので存在は知っていながら長らく足が向かなかったサイトなのですが、満を持して仕上げた六百数十枚の短編連作小説が公募の一次選考に落っこちてしまったのをきっかけに、その鍛錬場を覗いてみることにしたのです。おこがましい言い方ですが、その小説は知人の間では評判が良く「早く続きを読ませろ」と催促されながらせっせと書いたこともあり、審査に納得がいってなかったのですね。何が悪かったのか知りたいし、そのためには罵声を浴びるくらい屁でもないと自分を鼓舞して第一話を投稿してみました。
投稿して最初に付いた書評は好評で、「なんだ噂と違ってちょろいじゃん」などと正直鼻で笑いたい気分になりました。が、……。時を置かずして来るわ来るわ。酷評のオンパレード。曰く
・視点が定まらないから悪酔いしそうになる。
・居酒屋の人情噺、コメディ、ミステリーなどジャンルを詰め込み過ぎて闇鍋を食わされている気分になる。
・ミステリーと銘打つならくだくだと料理の描写など書いてるんじゃねぇよ。謎解きに移行するまでに寝そうになった。
などなど。もちろん、好意的な書評も戴いて「続きを楽しみにしてます」なんて嬉しい言葉も戴けたのですが、全体では半々くらいだったかな。それでも、噂に違わず感想文のようなコメントは皆無でどのコメントも具体的で、もっとこうした方が良いという改善案も付いていて一定レベル以上の書き手、読み手による書評でした。
1度投稿すると、2週間間を空けないといけないルールなので、全7話を投稿し終えるまでには3か月ほどを要したのですが、回を重ねるうちにわかってきたことがあります。僕の小説は小説の体をなしてはいるけれど、商業小説になっていない。ストーリー展開にしろ、キャラの構築にしろ、ただなんとなく、それなりにやっているだけでアマチュアの域を出ていないのだと気付きました。
中に非常に感情的なコメントを書かれる方がいらっしゃって「僕はくだくだしい料理の描写なんか読みたくない。キャラクタも似たり寄ったりでまるで立ってない。もっとラノベ的なキャラをなぜ登場させないの」と言った調子。平たくいうと「僕が読みたくないものは書くな。僕が読みたい物だけ書け」と言っているようでした。コメントの文章は稚拙で誤字脱字だらけ、恐らくは二十代、下手すると十代の経験の浅い書き手という印象を受けました。
最初は僕もカツンと来て、だったら読むなよ。あんたのためだけに書いてるんじゃねぇよ。と思ったものです。でもね、回を重ねるうちにこの人はどうして、怒ってるんだろう? なんで、こう感じたんだろう。僕の小説のどこに反発を覚えさせる要素があったんだろう? と思うようになりました。で、彼のコメントを徹底的に分析して、小説を読み直してみたんです。すると、見えてきました。僕が読ませたいと思っていることと、この読者が読みたいと思っていることのギャップが。その時、僕は完成品の短編連作を投稿してしまったことを後悔しました。短編連作は各話が独立した物語ではなく密接に連携し合っている構成になっています。彼のコメントを反映してあげたかったけど、書き直してしまうとそれまでに投稿した話、これから投稿する話との整合が取れなくなってしまう。めげずにコメントを寄せてくれる彼に申し訳ないと思いながら(実際コメントのお返事にそういった言い訳も書きながら)、僕は最後まで投稿しました。
お褒め戴いたコメントは非常に励みになりましたし、勇気がもらえました。けれど、一番勉強させてもらえたのは辛辣な批評コメントだったと思います。この投稿を通じて僕は生まれて初めて身びいき抜きの赤の他人さまの意見に触れました。そして、彼らが僕の小説に何を求めているかの片りんを掴むことができました。
あれから、ラジオドラマの原作公募で人生初の優秀賞(202作品中次点)を戴いたり、応募数が最大規模の地方文学賞の一次選考を抜けたり(千数十作から選ばれた五十作に残りました)、まだまだ途上ですが、少しずつではありますが前に進めている気がします。もし、作家でごはんというサイトを訪れ自作を投稿しなかったら僕は今でも生の読者が何を求めているか知らないまま無為に原稿用紙を埋めていたに違いないと思います。縁は異なものと申しますが、かのサイトとコメントを寄せて下さった全ての方に感謝を込めて。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

えっと、その後はどうなりましたか?
ライトノベルって、結構難しいですよ。

一般的なライトノベルは、若者視点で書かないといけないし。
私も「作家でごはん」に投稿してます。

感想や意見をもらう事自体が大変な事なので
まだ良い方じゃないかしら?

一次選考を通ったという事なので、基礎はできてるんですね。
あとは、興味をそそられるかどうかって事なのでしょう。

コメントありがとうございます

ぷーでるさん
このブログにコメントが付くなんて、めったにない事なのでちょっとびっくりしてしまいました(をいをい)。

>えっと、その後はどうなりましたか?

酒ばかり飲んで怠けておりました。これではいかんと一念発起して、今は毒殺をテーマにしたミステリーを一本書いています。3月末締切の「ミステリーズ! 新人賞」を狙っています。

>ライトノベルって、結構難しいですよ。

ですよね。実はライトノベル作法研究所にお世話になっていながら僕はライトノベルを一作も書いたことがありません(作中作として『もどき』なものは書いたことがありますが)。
あれの難しさは読者が無思考で読んでいても物語がすうっと頭に入ってきてお手軽に読書の快感が得られるように仕立てるところにあると思うのです。読者は基本受動的なのでなかなか手強いと思います。それと即筆力を要求されますね。仕事でやるならとにかく多作で、月に何作も書ける力が必要みたいです。

>私も「作家でごはん」に投稿してます。

少しご無沙汰していたのですが、タイムリーなことに丁度新作を投稿しようとしていたところです(12/27中には投稿予定)。
五島 悠介名義で「青いレモンの殺意」という学園ミステリーです。良かったらまた読んでやって下さいな。

No title

「青いレモンの殺意」読みましたよ。
感想に色々厳しいコト書いちゃってスミマセン。

私は「シンラ」で投稿しております。
これも大したコトないです。

感想には、台本みたいだなんて
コメントついちゃってますからね。(笑)

他サイトでの話なんですが、
投稿サイトで、作品を公開した時点で
既に立派な作家さんだそうです。

最終的には、書いた本人が
満足な出来かどうかって事だと思います。

再レス

>他サイトでの話なんですが、
>投稿サイトで、作品を公開した時点で
>既に立派な作家さんだそうです。

それはそうだと思います。作家であるということは自分の作品に責任を持つということです。匿名掲示板に無責任なつぶやきを入れる感覚で投稿する人もいるかもしれませんが、それはアカンやろと僕は思います。

>「青いレモンの殺意」読みましたよ。
>感想に色々厳しいコト書いちゃってスミマセン。

少なくとも僕に対してはそのエクスキューズは無用です。厳しい書評がほしくてあのサイトに投稿していますから。最近ご無沙汰しているのでコメントの様子がわかっていませんが僕が投稿を始めた数年前はホント凄かったです。ただの感想を書かれる方は稀で大半が書評でした。似たサイトはたくさんありますが別格だと思いました。

>私は「シンラ」で投稿しております。

見つけました。また読ませていただきますね。

>感想には、台本みたいだなんて
>コメントついちゃってますからね。(笑)

ドンマイです。僕なんか

『器用貧乏の典型例。
下手に自信があるだけに、自分の殻を破れぬまま自己満足で済まそうとしている。
作家志望者で一番多いタイプだが、実は一番プロから遠い場所にいることに気が付かない。こんな中身のない駄作を連投して喜んでいるようなら先は知れている。』

って書かれたことがありましたよ^^; あれはへこんだなぁ。その後、ラジオドラマの公募で賞を頂いてちょっと見返した気分になりましたが^^

>最終的には、書いた本人が
>満足な出来かどうかって事だと思います。

これはすごく大事なことだと思います。作者は最終的に自分の娘のごとく作品を愛さなければうそです。ネットに公開するというのはいわばその娘を嫁に出すようなものだと思っています。

No title

ラジオドラマの公募で、賞を頂いたんですか!
それはすごいですね。(⌒∇⌒)

ごはんに投稿した「シンラ」ですが
出版賞に応募したボツ作品であります。

ただ、投稿した当時のままではなく何回も推敲しているので
随分ストーリーは変わってます。

ちなみにごはん以外でも、投稿していて
既に6年間連載してるんですよね。

6年前に、ごはんに投稿したらほとんど感想がつかなくて
ひとつ書いてあったのが
「作家でごはん向きではない作品です」でした。(・・;)え?

今連載させてもらっているサイトは、「小説&まんが投稿屋」です。
最初の2年は、感想0でしたが段々と、もらえる様になりました。

結構若い方からの感想が、多くて驚きました。
中高生からの感想まで頂けたので。

授業が退屈な時に読んでおりますと書いて来た時は
さすがに焦りましたが(コラコラ)

文章に、問題もあるのかも知れないですが
面白いっ!と思わせる事には成功したのかな?と思っています。

No title

>ラジオドラマの公募で、賞を頂いたんですか!
賞金という形でですが生まれて初めて小説でお金を頂きました。「この小説はお金を払ってでも読む価値がある」と言ってもらえたみたいでほんとに嬉しかったです。

>「作家でごはん向きではない作品です」でした。(・・;)え?
作家でごはんに集まる書き手さんはいわゆる純文学系の小説をリスペクトする傾向がある印象です。反面、ラノベなんか小説とは認めていないぞってオーラを感じさせる人も多いです。
なので、作風によっては徹底的に叩かれるか、ガン無視される可能性がありますね。以前僕も「ドジっ娘」という表現を使ったら「なんでこんな形容するんだよ。もっと美しく正しい日本語使えよ」みたいにボロクソに言われたことがありますよ。

No title

>ラジオドラマの公募で、賞を頂いたんですか!
賞金という形でですが生まれて初めて小説でお金を頂きました。「この小説はお金を払ってでも読む価値がある」と言ってもらえたみたいでほんとに嬉しかったです。

>「作家でごはん向きではない作品です」でした。(・・;)え?
作家でごはんに集まる書き手さんはいわゆる純文学系の小説をリスペクトする傾向がある印象です。反面、ラノベなんか小説とは認めていないぞってオーラを感じさせる人も多いです。
なので、作風によっては徹底的に叩かれるか、ガン無視される可能性がありますね。以前僕も「ドジっ娘」という表現を使ったら「なんでこんな形容するんだよ。もっと美しく正しい日本語使えよ」みたいにボロクソに言われたことがありますよ。

No title

作家でごはんで、辛口コメントをありがとうございます。

賞を頂いた方からみれば、私の小説は
単なるオママゴトでございます。

そんな超低脳な私ですが
小説以外での趣味は、手芸です。

自作の縫いぐるみを、道の駅に置いてみたところ
あっという間に売り切れました。

親も小説を書くより手芸関係でいった方が良いのでは?と
言ってます。

今年置いた、自作の縫いぐるみは完売してしまったので
小説を書くより、そっちを優先した方がいいのかもしれません。

結局、人によって向き不向きがあるので
どんなに頑張ってもムリなものは、ムリだと思うのです。

出来もしない事に、挑戦し続ける事は
時間の無駄だと思うので。

小説は、趣味程度にしておこうと思ってます。
それで生計を立てるわけではないなら
書くのは自由でいいのではないでしょうか?

小説は、こうでなければイケナイ!って思う方もいますでしょうが
本来は落書きレベルであっても、本人の自由で良いと思うのです。

読みたければ読めばいいし、読みたくなければ読まないで
済むハズなので。

私が子供の時は、本屋に行くと小説とは思えないレベルの本も
結構平積みされていた様な記憶があります。
小さい本屋とかだと、ホチキスで止めただけの本もありました。

昔は、いい加減な本でも何故か面白がって買う人もいたのです。
自分の経験ではそうでした。

今は、そういう本屋は、見かけなくなってつまらないです。
プロフィール

choal29

Author:choal29
酒と料理をこよなく愛するシステムエンジニアです。
食卓応援サイト「Gの食卓」を運営しています。
↓こちらもよろしく!!
http://diningg2011.web.fc2.com/index.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR