FC2ブログ

社会と世間さま

他所の国がどうかは知りませんが、この国では自分と他者を取り巻く環境が二重になっていると思っています。
誰もが社会の一員であり法律という規律を守ることを義務付けられています。それとは別に自分を取り巻く世間さまという環境があって、こちらでは法とは別の不文律が活きているように思うのです。
その二つの環境のどちらの規律に重きを置くかという意識が変わった転換点は第二次世界大戦の終結、アメリカ式民主主義の流入にあったと僕は思います。それより前は、社会的に問題なくても(法を守っていても)、世間さまに顔向けできないような生き方は強く非難されていました。それが戦後から時代が下れば下るほど、法律を犯してないんだから問題ないでしょという風潮が横行しているように思います。たとえば、数日前に見掛けたニュースで飲食店で食べ残した料理をわざわざ写真に撮ってSNSにアップする人がいるというのがありました。確かに無銭飲食しているわけではないので法に触れることはありません。でも、それって世間さまに顔向けできるないとは思わないのでしょうか? 思いのほか多い量の料理が出てきたらまずは減らしてもらえないか交渉すべきです(それ以前に量がウリの店なら注文時にそうすべきですよね)。それでも食べきれなくて残してしまった場合でも、ごめんなさいとお店に一言詫びるくらいの気遣いは欲しいところです。料理を残したことを誇らしげに、これみよがしに世間さまに公表するなんて言語道断、というか僕には理解不能な行動です。「金は払ったんだから、買ったものをどうしようが俺の勝手」とでも思っているのならこの国の民度の未来に昏い不安を抱きます。
過日、福知山線脱線事故の裁判で歴代の社長が全員無罪となりました。確かに法に照らせば彼らを有罪にするのは難しいと思います。もちろん、自分が運転していたわけではありませんし、安全対策や社員の指導はいくらやっても、事故は起きる時は起きてしまうものだと思います。JRも全くの無策だったわけではなく、相応の対策は打っていたわけですから罪に問うのは酷かもしれません。けどね、それはあくまでも社会的に許されたということで世間さまに赦されたかというとそれはまた別の話だと思うのです。この裁判はもともと、神戸地検に不起訴とされていましたが、市民からなる検察審査会の2度の起訴相当議決を受け、強制起訴されたものです。法律は起訴しないと言い、市民は起訴相当というこのギャップがまさに社会と世間さまとのギャップだと思います。
遺族でもない僕が口を挟む非礼を赦してもらえるならば、彼らが一番望んでいたのは歴代社長が刑務所に入ることではなく、一人一人の遺族の前で「自社の不手際で大切な方を死なせてしまって申し訳ありませんでした」と手をついて謝ることだったんじゃないでしょうか?
終始、事故は予見できなかった、私は悪くない、社会的には問題ない、詫びの言葉より先に保身の言葉を並べ立てていた彼らを見ていると、社会は許しても世間さまは赦さないと思わないのか? いったいどういう育ち方をしてきたんだ? と強く思いました。──会見のニュースを見る度に昏い気持ちになったものです。
裁判で無罪になれば法律的には問題ありませんから社会からは赦されたことになります。けど、自分の胸に手を当てて世間さまに顔向けできないことをしてはいないか? そう問うことを疎かにする国に明るい未来はないと僕は思うのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

choal29

Author:choal29
酒と料理をこよなく愛するシステムエンジニアです。
食卓応援サイト「Gの食卓」を運営しています。
↓こちらもよろしく!!
http://diningg2011.web.fc2.com/index.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR