FC2ブログ

頂を目指す

例えばビルの前に立っていてそのビルの10階に行きたいと考えたとします。
えいっ、という掛け声もろともスーパーマンみたいに10階まで飛べたら楽ちんでしょうね。けど、残念ながらクリプトン星生まれでない人類にそんなことはできません。
もし、ビルにエレベーターが付いてなかったら、階段を上がっていくしかないんですね。最初の一歩で上がれるのは1段分。しょぼい段差です。2歩で2段目、3歩で3段目、4歩で4段目。それでようやく1メートルほど高い所に辿り着いたといったところでしょうか。それでもね。それを続けていればいつかは2階に辿り着けます。更に続けていけば3階、4階……。いずれ10階に辿り着けるのです。
登山も同じこと。どんな高名な登山家でも最初の一歩は一歩でしかありません。凡人と彼の違いは次の一歩を出し続けていけるかどうかだけ。たったそれだけが頂に辿り着くかどうかを分けるのです。

ところが世の中にはそんな登山家をも凌ぐ鋼の精神力を持った創作者と呼ばれる人たちがいます。何しろ彼らは頂のない山を生涯上り続けるのですから。不世出と呼ばれる映画や小説の名作がもてはやされることはしばしばあります。けれど、その作品を超える作品がその後、世に出ないということは決してないんですよね。それどころか、それを超える作品を同じ創作者が世に出すことだってあるのです。巨匠ともてはやされる彼らの心情を慮ると身が震えます。今作で自分の全てを出し切ると心に決めて、最後の1行まで全身全霊を込めて書き終えて、ふと周りを見渡すと自分は頂になど立っていない。見上げれば頂は雲を抱いて遥か上方にそびえている。溜息をついてまたペンを執り次の一歩を踏み出す。
それが一生続いて行くのです。創作者の業の深さとはそういうところにあるのではないでしょうか? それでもね、山を歩いていると綺麗な花を見ることもあれば川の冷え冷えとした水でのどを潤すこともある。それは、掛け声一つでビルの10階まで飛んで行ってしまうクリプトン星人には決して味わうことができないものなのです。だからまた一歩を踏み出す。ありもしない頂を目指して、業が深いと感じる同じ心で、それはなんてすばらしい生涯だろうとも思ってしまうのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

choal29

Author:choal29
酒と料理をこよなく愛するシステムエンジニアです。
食卓応援サイト「Gの食卓」を運営しています。
↓こちらもよろしく!!
http://diningg2011.web.fc2.com/index.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR