読解力

仕事柄あちこちに出張に出かけるのですが、行ったことがない土地での楽しみと言えば僕の場合、食事に尽きます。その土地の名物、地元の名店、その店でしか食べられないスペシャリテ。そういったものを想像するだけでワクワクして仕事のモチベーションも爆上がりするというもの(をいをい)。
とはいえ、不案内な土地ですので情報が不足しがち。そんな時僕は食べログなどのネットの飲食店紹介サイトをよく活用します。「ステマ(ステルス・マーケティング)記事が大量に混ざっている」だとか「意見が偏っていて参考にならない」なんてコメントもネットでは散見されますが、少なくとも僕の場合、不思議なくらい当たりの店を引くことができます。確かに、明らかに提灯記事だろと思えるものや、自分が食通ぶりたくて店の料理にケチを付けているだけにしか見えない記事もあるにはあるのですが、そんな中で店の雰囲気が、料理が、明らかに書き手の琴線に触れたと思われる記事、書かずにはいられなくて筆を執った記事の見分けが付くのです。そういった記事の誉め言葉も、お叱りの言葉も、どうして書き手がそう感じて、そう書きたくなったかが読めるのです。
僕の読書歴は4歳の頃、仮名文字が読めるようになった頃に端を発します。以来五十年、読書の習慣が途切れたことはありません。そのおかげか高校の頃は理系のクラスに籍を置いていましたが、国語だけはずっと学年で主席でした。そして今、半世紀にわたって蓄積してきた読書歴は思わぬところで役に立っているようなのです。
飲食店紹介サイトのコメントを読むと単に情報が頭に入って来るだけではなく、その書き手の背景が見えてきます。年齢、性別、性格(穏やかなのか粗暴なのか、謙虚なのか傲慢なのかなどなど)、普段どんなものを食べているのか? どんな味を好むのか。子供の頃、食事のしつけが厳しかったかどうか。団らんを知っているか長く孤食を通しているのか。そういった情報がコメントの行間に溢れているのが見えるのです。結果、信頼に足るコメントと無視した方が良いコメントの区別が付いてその店の良し悪しを垣間見ることができるようです。

Wikipediaによると、従来、日本で読解力と言えば「国語教育を想定した上で、「教材としての文章の内容を正確に読み取る」という意味合い」が強かったそうです。ところが、PISA(OECDが定める生徒の学力到達度調査)によると日本の読解力の水準は決して高くないそうです。
PISAの規定が従来の日本の読解力の定義と異なる点はこんな感じ。
テキストに書かれた情報を理解するだけでなく、「解釈」し、「熟考」することを含む。
テキストを単に読むだけでなく、テキストを利用したり、テキストに基づいて自分の意見を論じたりすることが求められている。
テキストの内容だけでなく、構造・形式・表現法も評価の対象となる。
言われてみるとなるほどと思うところがあります。高校の頃、僕は国語の試験勉強をしたことがありませんでした。それでも、試験問題を読めば「いや、この答えはこれしかないだろう」と自ずから答えが見えてきたものです。ところが、文系クラスの友人に聞くと「国語の成績向上は詰め込み学習しかない」と言うんですね。問題をパターン化し、パターンAなら答えは××になるというのをひたすら丸暗記するらしいのです。
それって、全然楽しくないじゃんと当時も思っていましたが、それ以前にこの学習方法には致命的な欠陥があります。それは、

この学習方法では、読解力が全く向上しない。

ということ。確かに受験では高得点が取れるかもしれませんがそれって極論を言えばカンニングと何ら変わらないと思うのです。問題を自分のスキルで解くのではなく、誰かが用意した答えを丸暗記して書き写すだけ。なるほど、PISAに読解職の水準が低いと言われるわけです。少なくともこの学習で得た知識では食べログのコメントを読み解くのはおぼつかないだろうなと思います。
僕は別に高校の試験で高得点を取るためや、食べログのコメントを読解したくて半世紀も読書をしてきたわけではありません。けど、結果として文章を読めば書き手の人となり、書いた時の状況を理解できるスキルを身に着けることができたようです。
未だに国語の受験勉強方法が詰め込み式ならすぐにでも方向転換することを提言します。その方法は読解力がなくても試験で高得点を取るという目的は果たせても、実生活で役に立つスキルは何も身に着きはしませんから。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

choal29

Author:choal29
酒と料理をこよなく愛するシステムエンジニアです。
食卓応援サイト「Gの食卓」を運営しています。
↓こちらもよろしく!!
http://diningg2011.web.fc2.com/index.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR