ねこやのこと

2017年夏アニメの『異世界食堂』が気に入っています。
騎士や魔法が存在するファンタジー世界のあちこちに7日に一度土曜の日にだけ現れる扉がある。その扉の向こうはなぜかこっちの世界の洋食屋につながっていて、今日もまた獣人やエルフ、大賢者といった異世界の住人が店のテーブルにつき、見たこともない料理に舌鼓を打つ──といった話です。
1回で2話ずつ詰め込まれたストーリー構成で客たちの抱える屈託が出される料理で癒されるというのはありがちといえばありがちな展開なのですが、ほっこりさせられるものがあります。出される料理はオムライスやロースカツ、チキンカレーにフルーツパフェとありふれているけど夜中に見るとむしょうに食べたくなるものばかり。
その洋食屋の名は「洋食のねこや」。ねこの絵がついた看板が目印です。店の料理に魅了された客たちは7日一度、扉が現れるのを心待ちにして、足繁く店に通うようになります。けど、毎回毎回、お気に入りの一品しか頼まず、その料理こそが店一番の料理だと信じて疑わないあたりはご愛嬌ですけど

ふと思ったのですが、こういった店って現実にもあるんじゃないかしらん。すっごく旨い料理を出すけれど店主の気まぐれで店が開いてたり閉まってたりとか。その料理にありつけるのには運が絡むとなると料理の味も3割増しくらいになりそう。
なんてラッキーなんだ。たまたま前を通ったら今日は店の看板に灯が入っている──となれば、迷うことなくその木の扉を押しちゃいそうです。
という例は極端だとしてもたとえば、手に入りにくい食材を使う料理でそれが入ったときだけ臨時に店のメニューに加わるといったことならありそうです。
関西にいた頃、通い慣らした焼き鳥屋に「下心」という串物がありました。なんだかいかがわしいネーミングですが心臓の下の部位なのでこの名前。店主のシャレが利いています。名前はともかくこの串はむちゃくちゃ美味しいので、あるといの一番に頼みます。
けど、鶏の心臓の下の小さな肉ですから一羽から採れる量は本当にちょびっとなのです。この串が店に出されるのはおよそ3ヶ月に一度。店のメニューに登場してから品切れになるまでは長くて1週間くらい。よほど、頻繁に通うか運が強くなければありつけない一品なのです。

あの串を思うと異世界の住人たちが次の土曜日を心待ちにする心情がちょっとわかる気がするな。案外、この物語の作者にも焼き鳥屋の「下心」のように出会うには運が必要な料理を心待ちにした経験があるんじゃないのかなと想像を膨らませたりしています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

choal29

Author:choal29
酒と料理をこよなく愛するシステムエンジニアです。
食卓応援サイト「Gの食卓」を運営しています。
↓こちらもよろしく!!
http://diningg2011.web.fc2.com/index.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR