錯覚を利用した演出

以前、「ミステリーの書き方」という本を読んだことがあります。
多数の人気作家によるミステリーを書くヒントや作法を綴った指南書なのですが、その中で東野圭吾さんが書かれていた日常生活に向ける視点が面白かったです。日々の生活を送る中で「お、これはネタになるんじゃないか」と思えるものを探す目線を持ちましょうということなのですが、具体例としてこんなエピソードを挙げておられました。
評判になっていた映画「タイタニック」をレンタルして鑑賞した。あるシーンでヒロインが一つ前のシーンと微妙に体型が違うことが気になった。どうしてだろうと考えていて、「ああ、撮影した時期が違うんだ」と気づいた。お、これってネタになるんじゃね? とメモを取ったというものです。
映画の撮影期間が何ヶ月にも及ぶことも必ずしも一つ前のシーンの続きで撮っているわけでなくシーン毎にバラバラに撮影されていることも周知の事実です。けれど、実際に鑑賞する時は物語の時系列に情報が提供されるので観客はひと続きの場面として錯覚しちゃうっていうのはありそうな話ですよね。うん、ミステリーに使えるかも。
この錯覚を逆手に取った演出の例を僕は一つ知っています。大林宣彦監督の「ふたり」。
ヒロインの石田ひかりは中学三年生から高校生までを演じるのですが、中高一貫校らしく最後まで同じ制服なんですよね。最初に登場した時は制服が少しだぶついている感じがしていてまだ板についていない印象。それがラストシーンではぴったり合っていて、ああお姉さんになったんだなと伺えます。
けど、冷静に考えると2年以上かけて石田ひかりが大きくなるのに合わせて撮影なんてことはあり得ませんから、あれはきっと制服を2着用意したのでしょう。最初のシーンはサイズが大きめの制服を。ラストシーンではぴったりサイズの制服を。物語を追って彼女の成長を見守ってきた観客は服が変わったとは思わず彼女が成長したのだと錯覚を覚えるという仕掛けです。
映画ならではのトリックですが、こういうのはまだまだありそう。今ちょっと考えているのはサイレント映画ならではのトリックってないかしらん。というものです。すぐに思いつくのは音声がないことを活かしたトリックですけど目のこえた読者にはすぐばれそう。音声がないことはミスリードに使いながら実はモノクロであることがトリックになっていたとかできないかしらん。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

choal29

Author:choal29
酒と料理をこよなく愛するシステムエンジニアです。
食卓応援サイト「Gの食卓」を運営しています。
↓こちらもよろしく!!
http://diningg2011.web.fc2.com/index.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR