FC2ブログ

ガチ勢いを嗤うな

ガチ勢とは元々、「ガチンコ勝負(真剣勝負)」を縮めた「ガチ」と「軍勢」を合わせた造語で、コンピュータゲームを極めるために大量の時間と情熱を注いで、ありとあらゆるテクニックを使って勝ちに行く人たちを指す言葉です。今ではそこから派生してコンピュータゲーム以外のジャンルにも使われるようになりました。ネット掲示板などのコメントを見ていると賛否両論あるみたいで、畏怖と敬意を持って賞賛する人もいれば、「そこまでやるか? それで本当に楽しいの?」と些かの侮蔑を持って臨む人もいるみたい。ま、人それぞれなのでしょう。ただね、ちょっと困ったことにプロの領域にまでこの観念を持ち込む人が増えているようなのです。
給料をもらってやってる仕事ですから真面目にやらなきゃいけないのは当たり前なのですが、極めだすとキリがない一面もあります。で、「ま、これくらいで良いんじゃないの」という妥協を持って多くの人は折り合いを付けるのですが、中には「まだまだ。まだだ、もっとできるはず」と極めて行くタイプの人もおります。ガチ勢とも呼べるそういった人たちを揶揄したり疎ましく思う外野がいて「何熱くなってんの」とか「そういう社畜がブラック企業を生むんだよ」とあからさまに侮蔑する風潮があるのです。
身内の恥でなんなのですが、先般、職場の幹部会議でとあるお客様で起きたトラブルでプロジェクトを仕切るマネージャーの発言が問題になっていました。

「確かに失敗しましたが、みんな一所懸命やったんですから良いじゃないですか。頑張ってこの結果だったんだから仕方ないじゃないですか」

という風なことを言ったらしいんですよね。どこからツッコんで良いのかわからないくらいツッコミどころ満載なのですが、とりあえず一言で評するならば幼稚です。高い金を払ったクライアント(お客様)がこれを聞かされたらどう思うでしょう。誤解を恐れずに例え話を出すとすれば、甲子園を目指している野球部が地方予選で一回戦負けした時の言い訳みたいです(ガチで高校野球やってる方、ごめんんなさい)。趣味でやってる野球(負けてもなんのペナルティも課されない野球)と仕事を一緒にするなよと言いたくなります。
当たり前ですが、お金をもらってやっている限りプロジェクトは100戦100勝でなければなりません。信頼して任せてくれているお客様は当然それを期待するからお金を払っているのですし、その期待に応えてこそのプロだと思うのです。もちろん、プロジェクトですから困難な局面や度し難い課題を抱えることがあるのは当たり前です。時にはどん底まで叩き落されて泥をすすることだってあります。けどね、「もう諦めよう。みんな頑張ったからそれで良いじゃないか」というのは流石にあり得ないでしょう。そこからどうやってリカバリするかがプロの真価でありアマチュアとの違いなのですから。
ガチ勢という言葉を動画サイトや掲示板などの趣味の世界で使うのは勝手です。けど、プロの世界でその言葉を持ち出して真剣勝負している人を嗤うのは止めて頂きたい。ましてや、真剣勝負を放棄して「頑張ったから(結果は伴わなかったけど)良いじゃない」などという人とは一緒に仕事をしたくないなぁと思った次第です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

choal29

Author:choal29
酒と料理をこよなく愛するシステムエンジニアです。
食卓応援サイト「Gの食卓」を運営しています。
↓こちらもよろしく!!
http://diningg2011.web.fc2.com/index.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR