FC2ブログ

オモイカネの計らい

山形大学でパワハラがあったらしく、ニュースで騒がれてます。「誰が選んだこのコピー ボケが!! 遅くて使えん」なんて手書きの紙を職員に突きつけたりして、証拠が残っちゃってるからネットは大はしゃぎみたい。事の経緯は詳報がないのでわかりませんが少なくともこの紙を見る限りこのセンター長は問題解決能力を持ち合わせていない人だなぁと思いました。いったい何がしたいんだろ?
状況を整理するとコピーの印刷速度が遅くて使いづらいという問題が発生してるんですよね。
だったら、やることは2つだけ。メーカーを呼んでホントにこのスピードなのか調べてもらう。で、ホントにそのスピードが仕様なのなら、リース契約を速いコピー機に切り替えるように手続きすればよろしい。その2つの指示を部下に出して、あとは結果報告させれば良いだけです。ま、予算には限りがありますからハイスペックなマシンがリースできるかは別の問題ですけど。
少なくとも怒鳴り散らして、つまんない殴り書きを書いていたって(紙の無駄遣いだよ)、なんの解決にもならないのは間違いありません。なんか、まるで床にひっくり返って「買って買って」って、おもちゃ売り場で駄々をこねてる子供みたい。
けど、案外どこの職場にもいるんですよね。問題を解決したいのか、怒鳴ってストレス発散したいだけなのかその区別がついていない人が。反面、問題解決に長けた人はあまり怒鳴ったり愚痴をこぼしたりしないものです。なぜなら、そんなことしたって自体は解決しないと分かっているから。そういう人が考えていることはただ一つ、何をすれば問題が解決するのか? 誰を動かせば事態は収まるのか? ただ、それだけです。

悠久の昔の話になっちゃいますが、神代の頃、高天原の天照大神は弟スサノオノミコトの乱暴狼藉を嘆いて天岩屋戸に隠れてしまいました(やんちゃをし過ぎて機織り女を死なせちゃったんですよね)。天照大神は太陽神ですから、途端に世界は真っ暗。魑魅魍魎が跋扈したり悪い病が流行ったりで、神々は嘆き悲しみ、なんとか彼女を天岩屋戸から出てこさせたいと知恵者のオモイカネノ命に相談します。彼が打った策は、天岩屋戸の前でどんちゃん騒ぎをすること。不思議に思った天照大神は扉をちょっと開けて様子を見ようとします。その時を逃さず、力自慢の手力雄命が扉を引き開け、世界には再び光に満ちたのだそうです。
なんとも大らかな神話ですが、ちょっと天照大神とオモイカネが何を考えていたか想像してみましょうか。天岩屋戸に引きこもったのは勢いでやっちまった感が強く、実は天照大神は少なからず後悔していた気がするんですよね。とはいえ、面子に関わりますから、「あ、今のナシね」とか言いながらのこのこと出てくるのも憚られる。「えと、いつまでも引きこもりやってるわけにもいかないんだけど、あたし、これでも結構忙しいし、うーん、どうしよっかな」とか思ってたんじゃないでしょうか(世のニートの方々に聞かせたい)。相談を受けたオモイカネノ命が気づいたのはそのポイントだったような気がするのです。「アマテラス様は単に出るに出られず困っておられるだけだろう。ならば、出てくるためのきっかけを差し上げればよろしい」と早々に気付いたはずです。その方便として天岩屋戸の大宴会という奇策を打ったわけですが、この策の妙は他の神々に天照の出たいけど出られないという真意に気付かせなかったところですね。神々は口々に「天照様のプライドをくすぐるとはさすが知恵者のオモイカネ様だ」と褒めそやしました。けどもし、実は最初から出る機会を伺っていただけと知ったら、「け、構ってちゃんかよ。だったら最初から立てこもりなんかするなよな。めんどくせぇ」と陰口を叩く神もいたかもしれません(をい)。恥をかかずに済んだ天照大神が後でこっそりオモイカネノ命に「ありがとね、助かった」と耳打ちしている光景がなんだか目に浮かぶようです。

かように、問題を解決することに長けた人は「誰が悪いんだ」とか「ああ、誰かなんとかしてくれよ」なんてことはかけらも考えません。どうすれば解決に至るか、動かしたい人を動かすにはどうすれば良いか、その見極めが巧くて、時に人を欺くことすら方便として呑み込んでしまう度量を持っていると思うのです。かのセンター長もそれくらいの知恵があれば、もう少し違った計らいができたと思うのですが、あまりにも残念な方ですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

choal29

Author:choal29
酒と料理をこよなく愛するシステムエンジニアです。
食卓応援サイト「Gの食卓」を運営しています。
↓こちらもよろしく!!
http://diningg2011.web.fc2.com/index.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR