FC2ブログ

褒める難しさ

褒めて伸ばす──なんて、言葉が数年前から流行っています。部下などを上手に褒めて、やる気を出させ成長させるといったほどの意味ですが、この褒めるというのが案外に難しい。
先生と 呼ばれるほどの 馬鹿でなし
なんて川柳もあるくらいで、底が浅い褒め方は魂胆を見透かされて却って相手をいじけさせるものです。上手に褒めるコツの一つは論理的であること、第三者が聴いて納得のいく理由で褒めることじゃないかなと僕は思っています。例えば、
「この資料作ったの君か。いや、4ページの表の着眼点が素晴らしいと思った。普通なら売上に影響するのは何月期といった時期だと考えるだろ。ところが、今年の降雨量のデータを重ねることで天気と売上に相関があることを証明して見せてる。普通、IT企業の売上がお天気に関係するかもしれないなんて仮設は立てられないよ。発想力が素晴らしい」
なんてね。この場合、資料に記載された客観的な数字をネタに褒めていて、それが誰にでもできることじゃないというのも説得力があるから響くのです(注:IT企業の売上とお天気は実際にはあまり関係がありません 但し、取引先の業績がお天気に左右される場合は間接的に大きな影響を受ける場合があります)。
この例のように実際、それなりに認めてあげられる仕事をしている部下ならそれでもまだ褒めようはあります。けど、どこをどうみても良い仕事をしてる気がしない部下の場合は更に難しい。
「君、ファッションセンス良いね。この前、クライアントの部長さんが褒めてたよ」「いつも、明るいよね。それだけで職場が元気になる気がして助かるよ」「忘年会の店のチョイスはナイスだね。よくあの店をあの会費で予約できたもんだ」「ビル周りの清掃いつもありがとう。率先してやってくれるから気持ちがいいな」……いやいや、どんどん苦しくなる

ネットの映画レビューを見ていると酷評がちらほら目につきます。どんな高評価の映画でも何人かは酷評が付いていたりするのでちょっと不思議。
「内容が薄っぺらい」「見るところなし。唯一、主題歌だけ良かった」「主人公に全く共感できない」「わかるやつだけわかれば良いと気取ってるやつが作った作品」「脚本がとにかくひどい」「わたしには良さがわかりませんでした」「ストーリーに力なし」などなど
ちょっとうんざりしてしまうのは、主張の多くが主観的で抽象的なものが多いこと。極論を言えば、言葉さえ知っていれば小学生でも書けるようなレビューであることです。だから、単なる悪口にしか聞こえなくて響いてこない。その映画を観るかどうか迷っている時の参考にならないものが多いのです。
かつて、どんな三流映画でも褒めると言われた名解説者がおりました。その方の名は淀川長治さん。多くの人が「これってどこが良いんだろ」と思う作品でも必ず良いところを見つけて褒めるのです。
しかも、それが分かり易い。曰く「脚本のここの作りが巧い」、「ここの演出がこうなってるから凄い」、「あのシーンで主演の○○の表情になんともいえない陰がありますよね」だのすごく具体的なのです。そして、何千本、何万本の映画を見てきた彼の言葉には説得力がありました。聞かされた視聴者はなるほどそういう観方もあったかと目からウロコが落ちたものです。
恐らく彼は褒めどころを探していたわけではないのでしょう。今までに観てきた膨大な映画と引き比べて純粋に目の前の映画に感動していたんだと思います。
上手に褒めるための真髄は相手のキャラクターに、行動に、笑顔に素直に感動できる感性なのかもしれません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

choal29

Author:choal29
酒と料理をこよなく愛するシステムエンジニアです。
食卓応援サイト「Gの食卓」を運営しています。
↓こちらもよろしく!!
http://diningg2011.web.fc2.com/index.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR