FC2ブログ

一年一昔

電車に乗っていても、街を歩いていてもスマホをいじっている人で溢れています。スマホの普及率は2017年7月で77%だそうですから、持っていない人はかなり少数派になってきてるみたいですね。ただ、コンビニやお店の手続きでも「持っていることが前提」になっているのはやめてほしいな。この統計だとまだまだ4人に1人は持ってない勘定なのですから。
その普及率の高さは如何にスマホが便利なツールかということに裏打ちされているわけで、実際使ってみるといろいろ便利だとは思うのですが、なかには「ないと生きていけない」なんて真剣に思っている人もいるみたい。けどね、ちょっと待ってよと言いたい。スマホが普及し始めたのは2010年頃。たかだか7年前です。それまでは誰も持っていなくて、それでもみんな生きてましたよ
携帯電話にしたって1996年頃から流行り始めたもので、たかだか20年の歴史です。阪神大震災で罹災した時はみんな緑の公衆電話に長い行列を作ってたんですから。

どうも、僕が社会人になった80年代後半と2017年の今では時間の進み方が変質した気がしてしょうがありません。それは単に僕が年を取って季節が巡るのを早く感じるようになったということだけじゃないような気がするんですよね。1年前に登場したものを「古い」と称し、3年前の流行語を「懐かしい」でくくる風潮はちょっと異常な気がします。この風潮を醸成した原因は情報の伝達速度の変化と密接な関係にあるような気がします。80年代なら「宅配便で送りました。2、3日で着くと思います」と言っていた用件が今では「さっき発送しましたので午後には届くと思います」なんてことになってます。ホストコンピュータのバグ修正パッチでも磁気テープでリリースするのが普通でしたから、最速の搬送方法は新幹線メールだったんですよね(東京駅で申し込むと新大阪駅留めで届くサービスがあったのです。新大阪まで取りに行くのは新人の仕事でした)。今では電子メールを使って一瞬で到着します。
一見便利に見える情報の伝達の高速化ですが、どうも行き過ぎてしまったみたいでそれを使う人間が追いつけていない感があります。言ってみれば自転車にバイクのエンジンを積んで高速化した乗り物にペダルが付いている感じ。それを漕ぐ方はたまったもんじゃありません
ITはまだまだ若い文明です。今は過渡期で試行錯誤の時なのでしょう。いずれ、そのスピードの利便性を賢く選択し、生活に緩急が付けられるようになる時代を待ち望みます。一年一昔はやはり寂しい。せめて十年を一昔といえる時が早く戻ってくると良いな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

choal29

Author:choal29
酒と料理をこよなく愛するシステムエンジニアです。
食卓応援サイト「Gの食卓」を運営しています。
↓こちらもよろしく!!
http://diningg2011.web.fc2.com/index.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR