FC2ブログ

もし、無人島に一本だけ映画を持っていくとしたら

ある意味、脳天気な課題です。映画を持っていく前に水とかマッチとか持っていくものあるでしょうって言われそう。ま、そこは衣食住は保証されていて娯楽が全くない島と想像して下さい。
好きな映画にも二種類あると僕は思っています。すっごく面白かったんだけど、一回見たらもういいやって思うものと、何回観ても飽きなくて何回観ても新しい発見があるもの。以前、映画のランキング番組で関根勤がブルース・リーの燃えよドラゴンを三十何回観たとか言ってましたが、誰にでもそんな一本はあると思うのです。昔で言えば、VHSのテープが擦り切れるまで観てしまったお気に入りの一本みたいな。
僕にも何作かそういう映画があります。すぐに思いつくのは「ルパン三世カリオストロの城」。もう何回見たかもわかりません。ただ、セリフを全部空で言えるくらいには観てます。同じ宮崎駿作品ならトトロは何度も観てるかな。ただ、これは僕が二人の娘持ちだということが大きな理由で、娘達がエンドレスで観たがったのでそれに付き合ってたという一面があります
時たま思い出してはむしょうに観たくなる作品にアイヴァン・ライトマン監督の「デーヴ」があります。主演はケビン・クライン。彼は大統領のモノマネを副業にしている職業紹介屋さんなのですが、ある時、大統領の影武者にスカウトされるという話です。ところが、裏で愛人と密会していた大統領がぶっ倒れてしまってなし崩しに続投。政治とは無縁の庶民の目線で政治を変えていくという爽快なお話です。話は凄くシンプルなのですが何度観ても飽きません。
こうやってつらつらと書いてくると、飽きの来ない映画の本質ってなんだろうって考えてしまいます。ジャンル──ではないと思うんですよね。ミステリーものは犯人がわかったらそれでもう観ないだろうなんて思われがちですが、市川崑の横溝正史ものなんかは何度も観ています。恐らく僕の場合は良質のドラマとして仕上がっているかどうかじゃないかな。ミステリーでも抱腹絶倒のコメディーでも手に汗握るアクションでも派手な場面で目を惹きつけるだけでドラマ性の薄いものは一回観て「あー、おもしろかった」で終わってしまいます。ひどい時は館を出る頃には登場人物の名前さえ忘れていたりする。逆にきちんとドラマとして仕上がっているものは結末がわかっていてもまた観てみたくなる──そんな気がします。

で、無人島に何を持って行きたいかという話ですが。……、両手でも足りなくて1本に絞るのはとてもとても無理な相談です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

choal29

Author:choal29
酒と料理をこよなく愛するシステムエンジニアです。
食卓応援サイト「Gの食卓」を運営しています。
↓こちらもよろしく!!
http://diningg2011.web.fc2.com/index.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR