FC2ブログ

夢日記

引き続き、素面で就寝しているため夢多き夜。
物語を作る仕事や趣味を持つ人はそのネタを集めるのに種々工夫するのですが、よく聞く技法の一つに夢日記というのがあります。枕元にノートと筆記具を用意しておき、目が覚めたらすぐに今見た夢を記録しておくという方法。夢というのはその場では鮮明に覚えていてもあっという間に忘れてしまうものなので起き抜けが肝心なのです。
何度かやったことはあるのですが、僕の場合はろくなネタが集まったことがありません。飲み屋のカウンターのバカ話と同じでその場では直木賞物の面白い話に感じたりするのですが、はっきりと目が覚めてみると(しらふに戻ってみると)何が面白いかさっぱりわからない話だったりする。その点、昨夜の夢はどうだったのでしょう。
寝入りばなに見た夢は家人に聞かせられないような艶っぽい夢。僕はまだ二十代でひなびた旅館で4つ年上の幼馴染の女の子と再会するというシチュエーション。確かに僕が3つ、4つの頃に近所に小学校に上がったばかりの女の子がいてよく遊んでもらってました。彼女はわりとすぐに引っ越していってしまったのでその後、50年の人生で接点は全くないのですがよく夢の中に出てきたよな。柔らかな唇も僕の腕の中で身動ぎする細い躰の感触も浅い夢から醒めてもしばらく遺っているほどリアルな夢でした。
それからいくつかの夢をさまよった後、月夜を歩く夢を見ました。その夜はいわゆるスーパームーン、夜道は青い光を浴びて昼のように明るかった。阪急電車の線路脇を歩く僕の耳に唐突な汽笛の音、振り返ると機関車が轟音を響かせて走ってくる。しきりに汽笛を鳴らしながら「ああ、楽しい。ああ、楽しい」と歌うように声をたてるシュールな機関車(をい)。その巨体は僕のわきを過ぎると空へと舞い上がっていったのです。というところで、場面は転換して僕の友人にこの実体験(?)を物語にしたいと熱く語る僕。そんな素っ頓狂な話がウケるものかと嗤う友人。
「いや、そのままだったら確かに荒唐無稽だし、陳腐でもあろうさ。けど、物語を脚色するのは書き手の技量。たとえば、こんな話ならどうよ」
と、プロットを語ったのです。
ここからは夢日記の抜粋です。
タイトル「月夜の奇跡」
展開プロット
スーパームーンの夜、3人の人物が夜道を歩いている。(恋に悩む主人公、いじめられて怪我をしている小学生、ギャンブルで借金苦の男)
三人は月のスポットライトの中、線路を機関車が走っていくのを見る。
その後、三人は機関車の置き土産に不思議なグッズを手に入れる。(主人公には魔法の薬(それを飲んで話せば相手は必ずそれを肯定する(愛の告白に効果的)。但し一回しか効かない、といわれるが効果の程は怪しい)、小学生にはヒーローの変身バッジぽいもの、ギャンブル男にはよくできたおもちゃの札束)
彼らはすぐにそれを捨てようとするが蒸気機関車の情景を思い出してなんとなく捨てられずにいる。
→そこから本当の奇跡が3人に起こる。
テーマ:奇跡は人を助けるためには起こらない。行動を起こすきっかけとして起きる。本当に奇跡を起こすのは常にその人の行動である。
夢日記抜粋おわり
久しぶりに夢日記を付けてしまいました。僕が記録したのは幻想的な機関車の夢ではなく、その後友人に語った、脚色プランの部分。読み返すとありがちで陳腐なお話なのですが、よく夢の中であの荒唐無稽な機関車の夢をこのプロットにまとめたよなとちょっと感心したのでブログに書いておきます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

choal29

Author:choal29
酒と料理をこよなく愛するシステムエンジニアです。
食卓応援サイト「Gの食卓」を運営しています。
↓こちらもよろしく!!
http://diningg2011.web.fc2.com/index.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR