FC2ブログ

リピートを鑑賞

乾くるみ原作のドラマ『リピート』の第一話を観ました。以下、ネタバレを含みますのでご用心を。
年末に番宣をやっていて、面白そうだったのでチェックしておりました。乾くるみは過去に何作か読んだけども可もなく不可もない作家という印象だったのですが、イニシエーション・ラブにハマってしまいそれ以来のファンです。ドラマ視聴にあたりお正月には原作を予習しておきました(僕は小説を先に読んでおく派なのだ)。
ホームページなどの事前情報からもかなり小説と設定を変えてきていますね。変更点は大きく2つ。一つはキャラクター設定、もう一つはストーリー展開の配分。
キャラクター設定については主要人物が10人から9人に変更されています。原作はクリスティーの「そして誰もいなくなった」に拘って10人となっていましたが展開上9人でも問題はありません。ただ、削られた一人がある役割を担ったキーパーソンだったのでちょっと意外。確かに彼がいるとストーリーが複雑化するし全6話に収めるため単純化を目指したのかなと理解。次に原作は男9、女1という男女比に対して男6、女3。これはドラマ的な(絵的な)配慮でしょう。ただ、増えた女性に手塚理美と安達祐実というベテラン個性派の女優を持ってきたあたりスタッフの気合を感じます(演出的には手塚は悲劇性の強調、安達はクライマックスの謎解きの切れ味要員かな)。そして登場人物のキャラ設定も少しいじられていますね。老年の会社社長が借金苦のサラリーマンに、中年サラリーマンが専業主婦に、ベンチャー企業の社長がカフェのオーナーにという感じ。総じてキャラクター設定の変更は原作で感じた「いらない人」感、「誰だっけ」感を廃し、よりはっきりとしたキャラ立て(=役割付け)を目指していると見られそれに成功しているように感じます。その上で、主人公を男性から女性(原作の紅一点)に変えたところも面白い。この方が男性ファンも食い付くし、女性視聴者の共感も得られ易いという読みかな。
ストーリー展開の配分は原作でも賛否両論が分かれたところです。この物語はざっくりいうと特定の過去日に戻ってやり直そうとする人々の群像劇という一面があるのですが(ミステリーなのでもう一面あります)、原作は過去に戻るまでが半分、過去に戻ってからが半分という配分なのです。僕はさほど思わなかったのですが、「戻るまでが長すぎる」という意見をネットで散見しました。で、ドラマでは第一話の終盤でいきなり過去に戻ってしまう。つまり、全6話中、1:5の配分としスピード重視を狙ってきましたね。ま、3話も「過去に戻るぞ、戻るぞ、戻るぞ」と言いつつ戻らなかったら今日日の視聴者は付いて来ないでしょう。
1話を観る限りテンポもよく、情報もスムースに入ってきて良い感じ。加えて適度の緊張感が途切れずラストの引きも良く、サスペン性も及第。良い滑り出しだと思います。

つくづく、ドラマ制作のチーム力って凄いなとあらためて思いました。原作はデビューから6年目の作品。作者自身まだストーリー構築にはこなれていない感もあり、余剰が目立つんですよね(いらないキャラクター、いらないプロットなど)。けど、作家は個人プレーですからそれを手直ししてくれる人がいません(編集はアドバイスしてくれるでしょうし、校閲は文章の直しは手伝ってくれるでしょうけど)。今回その原作を俎上に載せて、「本当に見せるべきものは何か?」を複数のプロたちが徹底的に議論し合い骨子を残してほとんど別物と言っていいほど新たな物語を再構築した感があります。
残り5話も視聴させて頂きながら、プロの目で見てあの物語のどこをどう直すべきだったのかを勉強させてもらおうと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

choal29

Author:choal29
酒と料理をこよなく愛するシステムエンジニアです。
食卓応援サイト「Gの食卓」を運営しています。
↓こちらもよろしく!!
http://diningg2011.web.fc2.com/index.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR