文化の輸出はいかが?

古くはクリスマス、近くはハローウィン。日本人って、外国のイベントを輸入して独自のお祭りに変遷させるのが好きですよね。そのわりには日本のイベントを外国に輸出することには無関心だし、積極的でもないよなぁとふと思いました。
こち亀でこのネタを扱っていて、両さんがひな祭りや端午の節句を欧米にプロモーションする話があります。狙いは雛人形や五月人形を売って大儲けすること ハリウッドの富裕層に取り入ったり映画にそんなシーンを挿入したり、五月人形にアメリカ人の好きな忍者のフィギュアを混ぜてみたり(をい)と大活躍。3月3日や5月5日は欧米で一大イベントの日となります。ちょっと無理があるような気はするけど実現したら面白いなと思わせる絵柄になってました。
現実にはそういった日本のイベントを輸出しようとする人がなかなかいませんが、その理由は我々自身が「日本のイベントは古臭い、垢抜けていない、こんなのウケるわけがない」と思ってるからじゃないでしょうか? けど、欧米で日本の文化が注目を浴びている今ならアジアの神秘として案外いい線行く気がするんだけどな。
日本が大好きな外国人の掲示板というのがあってそれを覗くとひな祭りや端午の節句以上に彼らが羨ましがっている日本のイベントがあります。それは「学園祭」。ん? あれがどうした? と聞かれそうですが、実は学校をあげて生徒が主体的に仕切るああ言ったイベントはどこの国にもなく、日本独自のものらしいんですよね。特に今はクールジャパン効果で日本の学園アニメは世界の人が観ていますから学園祭の認知度も飛躍的に高いらしい。このイベントをもっと積極的に輸出したら凄いことが起きないかな?
確かに外国で学園祭をやるようになっても、雛人形や五月人形のように日本産のモノが売れるわけではありません。けど、日本に来る外国人を更に増やして外貨を稼ぐことはできるかも。学園祭はどこもだいたい10月頃、秋にやるイベントですので、「本場、日本の学園祭を見に行こう」みたいなツアーを組んだりして。あるいは、海外の学園祭文化が本格化すればコンサル業が商売として成り立つかも。企画のアドバイスをしたり、運営を手伝ったり。ノウハウを伝授するわけですね。それを日本の高校生がやれば国際交流にもなります。

誰に言われたわけでもないのに、ハロウィーンは日本に定着してしまいました(ま、実際は仕掛け人がいそうですが)。今度は文化の輸出で儲けるという発想もありなのではとふと思った次第です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

choal29

Author:choal29
酒と料理をこよなく愛するシステムエンジニアです。
食卓応援サイト「Gの食卓」を運営しています。
↓こちらもよろしく!!
http://diningg2011.web.fc2.com/index.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR