2018年冬アニメ展望

2016年の秋ごろから、「アニメの2017年問題」が叫ばれ、このままいくとアニメーターの数が全く足りず多くのアニメが万策尽きてしまうと言われてからはや一年。気が付けば2017年も暮れて新しい年が明けています。「なんだ、騒ぐほどのことはなかったじゃん」──2017年を振り返ってお気楽につぶやくファンもいるかもしれません。けど、それは制作者がプロの矜持を胸に身を削って叩き出した結果であって何もなかったはずはないよなぁと僕は思うのです。
明けて2018年の冬アニメは告知されているだけで51本。去年の冬アニメより更に10本多い勘定になり、をいをい大丈夫かよと他人事ながら心配しております。とはいえ、楽屋裏の事情はわかりませんが、少なくとも放送されるアニメはかなりの豊作。相変わらず頑張ってるなぁと感心するとともに心から応援しております。
今期の一押しはなんだろうとつらつら考えたのですが、やっぱりこれかな。
『宇宙よりも遠い場所』
遭難した観測隊員を母に持つ女子高生が南極を目指すというお話で原作なしのオリジナルアニメです。以前トリビアの泉でやってましたが「(地表から)宇宙までの距離は東京~熱海間(100km)とほぼ同じ」だそうですので、確かに南極は宇宙よりも遠い場所なんですよね。女子高生が南極ってリアルではどう考えたって無理でしょというあたりを上手にフィクションに料理にしていて感心。加えて重たくなりがちなテーマを女子高生の青春モノに絡めてハイテンション、ハイテンポで視聴者を牽引していく力は見事と言うしかありません。
次に鳴り物入りで注目されていたのが京都アニメーションの『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』。戦闘マシンとして戦場を渡り歩き感情を持たなくなった少女が終戦を迎え、民間の郵便局で働きながら愛の意味を知ろうとする物語。作画はさすがというしかなく劇場版クラスの出来です。ストーリーは感情移入を極力抑えて静かに静かに進行させているのでやや起伏に乏しいのですが山場はこれからのお楽しみかな。これも一押しです。
甘酸っぱいラブストーリーがお好きな方には「恋は雨上がりのように」がお勧め。陸上の夢を事故で諦めざるを得なくなった少女がファミレスの店長(ぱっとしない中年)に恋をする話です。下手に舵を切るとどろどろした展開にハマっていきそうなシチュエーションですが見事に爽やかなテイストに仕上げています。自分的には舞台が横浜でご近所がたくさん出てくるのも楽しい。
変化球の学園モノだと『からかい上手の高木さん』。こちらは中学生が主人公。隣の席の高木さんにいつも手玉に取られて顔を真赤にしてしまう男の子がなんとか彼女に一泡吹かせようと奮闘する話なのですが、観ていてニヤニヤが止まりません。
認知度は低いけどラノベの頃から注目していた『博多豚骨ラーメンズ』も良い感じの滑り出し。街の人口の3%が殺し屋という架空の街「博多」を舞台に、様々なタイプの殺し屋の死闘を描いた物語。ちょっと伊坂幸太郎のマリアビートルあたりを彷彿とさせます。
作画の完成度はイマイチで(というか低予算なんだろうな)毎回残念な感じなのですが、前作がお好きな方には「バジリスク ~桜花忍法帖~」もお勧めかも。前作で死闘の末に全滅した伊賀と甲賀の忍者たちの後日談です。
そして、社会現象になりつつあるクソアニメ『ポプテピピック』も外せません。いやね、何が面白いのかさっぱりわからないのについ、何度も観てしまう中毒性。「どんな話?」と聞かれても説明のしようがないカオス度。次世代のギャグアニメかくあるべしという作品なのかもしれません。

おそらくはアニメ制作現場が危機的状況であることは変わりなく、根本的な解決にはまるで至ってないと思います。けど、そんな過酷な状況の中で良作を生み出しているスタッフの方にエールを送るとともに今期もアニメを楽しませて頂きます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

choal29

Author:choal29
酒と料理をこよなく愛するシステムエンジニアです。
食卓応援サイト「Gの食卓」を運営しています。
↓こちらもよろしく!!
http://diningg2011.web.fc2.com/index.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR