FC2ブログ

養生訓

1月に37度台の熱が続き、結局大半を家で療養して過ごす羽目になりました。
今、病院で治療を受けているメインの病気もそうですが、その一因は日頃の不摂生、特に際限なしの飲酒にあるんだろうなと薄々気付いていまして、年明けから少し生活を改めています。
毎日毎日酒を飲むのではなくONとOFFをしっかり付けるをモットーに飲酒率50%台(2日に1日は酒を飲まない)をキープしています。お酒とはもう三十数年の付き合いですが、もういい歳だし、それ以前に決して丈夫な方じゃないのでいい加減付き合い方を見直す時期に来てるんでしょうね。縁を切るとなるとハードルはぐっと高くなってしまいますが、今の生活くらいなら続けていけそうです。
18世紀の初め頃、貝原益軒が「養生訓」という本を著したのですが、読み返すと良いことがたくさん書いています。医食同源の発想から食に関する戒めも多く出てくるのですが例えばこんな感じ。
少肉多菜:日本人は胃腸が丈夫じゃないからたくさん食べると消化不良を起こします。特に動物蛋白はほどほどにして野菜を多く摂りましょう。ガッツリ系の食事が好きな方には耳が痛いんじゃないかな。
少塩多酢:味の濃いものばかり好むと高血圧や心臓疾患の原因になるよという戒め。減塩ではなく適塩を。あと、酢もそのまま使うと体に負担が大きいので水で薄めるなどの工夫をすること。
少糖多果:甘いお菓子ばっかり食べてちゃダメだよという戒め。果物は蒸したり煮たりすると良いとも書かれています。
少食多噛:腹八分目。「満腹じゃ」と思うまで食べたらそれは食べ過ぎだよという戒め。食べたい欲求がコントロールできない人は総じてほかもだらしないとも書かれています。
300年も前に書かれたものなのに現代人の食生活を見透かしたような書きっぷりはちょっと薄気味悪いくらいなのですが、人間の体に関することなのでそうそう変わるわけじゃないんだろうなと思ったりもします。加えて、案外300年前の人々の食生活も今と似通うところがあったのかも。

とまれ、来週より職場復帰。酒を控えるとともにお弁当にも一工夫いたしましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

choal29

Author:choal29
酒と料理をこよなく愛するシステムエンジニアです。
食卓応援サイト「Gの食卓」を運営しています。
↓こちらもよろしく!!
http://diningg2011.web.fc2.com/index.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR