FC2ブログ

星の光

アニメ業界の深刻な人材不足が叫ばれて1年以上が経ちますが蓋を開けてみると2018年冬アニメは大豊作だったような気がします。僕的にダントツは「宇宙よりも遠い場所」(女子高生たちが南極を目指すというそれだけ聞いたら荒唐無稽なお話ですが、地に足の着いたストーリーでそのくせドラマ性も抜群という佳作です)なのですが、それ以外にも名作が目白押しです。
ヴァイオレット・エヴァーガーデン
 殺人兵器として戦場を駆け巡っていた少女が戦後、感情を取り戻す物語。絵の美しさはさすが京アニとしか言いようがないですが、行間を読ませる感情移入を抑えたシナリオも秀逸
ゆるキャン△
 冬キャンプを楽しむ女子高生を描いたまったり系。アニヲタが喜びそうな要素を詰め込んでいるのが些か鼻につきますが肩の力を抜いて楽しめます。
からかい上手の高木さん
 中学生の甘酸っぱい恋模様を描いた佳作。壁を殴りたくなります。

など、ほかにも恋は雨上がりのように、ラーメン大好き小泉さん、たくのみ。、意外なダークホースだった博多豚骨ラーメンズ、そしてさまざまな物議を醸し出し続けている規格外アニメのポプテピピック(誰かが起承転結の転しかないアニメって言っていたけど言い得て妙だと思う)、作り手の気概がひしひしと伝わって来る力作ぞろいです。
以前、SHIROBAKOというアニメ制作をテーマにしたアニメで知ったのですが1クール、12話のアニメ制作を行う期間としては10ヶ月というのはなかなか厳しいらしく、できれば1年欲しいところらしいです。つまり、今アニメファンを楽しませている作品達は去年のお正月くらいには制作が始まっていたということ(もっときついスケジュールのものも多々ありそうですが)。これはアニメに限らず芸術作品全般に言えることでしょうね。映画はクランクインしてから短ければ2、3ヶ月でクランクアップしますが当然それまでに企画を立ち上げ、必要な資材を調達し、脚本を書き、舞台となる場所のロケハンやら役者のオーディションなどなど膨大な時間がかけられています。
浅田次郎氏は蒼穹の昴を1年以上かけて脱稿されていますが、上梓したのはその3年以上後、編集者と侃々諤々の議論を繰り返し、練りに練って大作を仕上げました。

それを知らない観客は気楽なものです。部屋で酒でも飲みながらだらしのない格好で批判混じりに鑑賞してるだけなんですから。その批判のやりだまに上がったワンカットが作られるまでには本編を凌駕する壮絶なドラマがあったかもしれない──なんて想像を働かせる人は皆無だと思います。
夜空を見上げると瞬いている星の光は実は何十年、何百年前のものだということを我々は知識として知っています。けれど、その光が星から放たれてまっすぐに宇宙を飛び続け、やがて地球に届くまでに要した気の遠くなるような時間に想いを馳せる人は案外に少ないんじゃないでしょうか。
今宵、アニメをドラマを映画を観ようかなと思い立ったら、ほんの少しでいいからその作品が完成するまでにかかった膨大な時間を、驚くほど多くの人を思い出してみて下さい。作品の味わいがそれだけでぐんと深くなるかもしれません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

choal29

Author:choal29
酒と料理をこよなく愛するシステムエンジニアです。
食卓応援サイト「Gの食卓」を運営しています。
↓こちらもよろしく!!
http://diningg2011.web.fc2.com/index.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR