FC2ブログ

書き割りに見えてしまう

僕はよほどのことがない限りお店に文句を言わない主義で店の味やオペレーションに気に入らないことがあっても黙って店を出て二度と行かないようにしています。それはアニメ作品などでも一緒。気に入らなければ切って観なくなるだけでその作品を批判することはあまりしません。
けど、2018年春アニメの「多田くんは恋をしない」についてはそれではなんだか落ち着かなくて、このもやもやした気持ちを分析してみたくなりました。
同作はざっくり言ってしまえばローマの休日の現代版。ヨーロッパ小国の王女様がお忍びで日本に留学してきて知り合ったクラスメイトと恋に落ちるというそんなお話です。ストーリーはかの名作を下敷きにしているので鉄板のはずなのですが回を追うごとに何もかもが書き割りに見えて仕方がない。なぜそう思ってしまうのかちょっと分析してみたくなった次第です。
書き割りというのは歌舞伎の用語で大道具、要は板に屋敷や大樹などを描いて舞台に並べ場面を演出するアイテムです。観客はもちろんそれが本物の土塀でもなければ桜の木でもないことを分かっているのですが、優れた演出家が采配を振るい、名役者が立ち回ればあたかもそこが武家の屋敷に見えたり、吉野の山桜に見えたりするのです。
ところが多田くん~では留学生のテレサが某国の皇女だと言われても「そういう設定」にしか見えない。ただの世間知らずの欧州の田舎育ちの娘にしか見えず、十数年間皇族として生きてきた威厳も覚悟も見えてこない。なのに演出家は一所懸命それらしい演出やセリフを割り当てるものだからますます書き割りが書き割りめいてくるという悪循環を感じるのです。
原因はいくつもあると思うのですがおそらくは演出スタッフの誰一人もが王室の空気感を理解できていないのではないでしょうか? いっぱい資料を集めて、いっぱい写真も集めてそれを継ぎ接ぎしたら如何にも王室でしょと自己満足しているように感じます。ロバート・ダウニーJRはチャップリンの半生を描いた「チャーリー」という作品に主演した際、数年間をチャップリンとして暮らしたと聞きます。同作にはチャップリンの母親役で彼の娘のジェラルディン・チャップリンが出演していましたが彼女をして「お父さんそっくり」と言わしめたとか。あるいは2017年春アニメ「月がきれい」──初めて恋をした中学生のもどかしいような甘酸っぱい気持ちを描いた秀作です──は、企画が立ってから2年かけて中学生の心情やこういった場面ならどう感じてどう動くかが徹底的に議論され、多くの現役中学生へのインタビューも行われてスタッフ自身が中学生の発想と行動原理を身に着けようと努力されたそうです。かえりみて本作でヨーロッパの王室の取材を行ったかといえば否でしょう(きっとそんな予算も時間もないでしょうし)。加えて現役高校生に取材を行ったかといえばそれもNOだと思います。全てが頭の中のイメージだけ、王女様ってこんな感じに世間とずれてるんじゃないかな、初めて王室の気品に触れた高校生はこんなリアクションをするんじゃないかなと素人の観客でも思いつきそうな安易なイメージをこねくり回した印象があります。結果、テンプレートのオンパレード。どこかで見たような絵面を継ぎ接ぎした作品になったんじゃないかと思うのです。
もし、この批評に対していちいち一本一本にそこまで入れ込んでられっかよと反論されるのであればそれはもうアニメを作るのを止めたほうが良い。観客に失礼極まりない行為です。
ということで、おそらくはバックグラウンドが浅いことが本作を書き割りめいて見せる一番の原因だと思うのですがそれを際立たせてしまっているのが演出のまずさ。登場人物に語らせ過ぎです。一例を挙げると9話、王女の付き人兼護衛役のアレクが「あなたはやはり……多田光良を好きになってしまったんですね」と問いただすセリフ。なんでそれを口にする?! と画面にものをぶつけたくなりました。これは秘められた悲恋の物語です。たとえ親しい付き人とは言え秘められた恋をドヤ顔で第三者が語ってどうする。暴いてどうする。僕はアニメの演出は素人だけど小説に置き換えてもここは表情と動作で察してその上で黙して気づかぬふりをさせます。その方が読者は切なくなるから。分を弁えた皇女の付き人らしく映るから。一事が万事で終始語るべきでないことを登場人物に喋らせてしまっていることが本作をますます書き割りめいて見せていると僕は思います。他作と比べるのは卑怯かもしれませんが2018年春アニメの「宇宙よりも遠い場所」の演出とは対象的だなぁとちょっとため息。
同作の演出の一例を挙げると12話、3年ぶりに母のPCを起動する場面。セリフは全くありません。おそるおそる叩く4桁の数字を見て観客はそれが母の誕生日であろうと推測できます。エラーメッセージ──、机上の写真立ての母子のスナップが写される。それを見て一瞬息を呑むヒロイン。恐る恐る叩かれる4桁の数字──。なんの説明がなくても彼女が思いついた2度目の4桁の数字は自分の誕生日だと察せられます。パスワードをクリアして起動するPC。それを見て肩を震わせるヒロイン。
アニメの世界には「語るな見せろ」という演出上の名言があると聞きました。映像作品なのだから。動きを見せる芸術作品なのだから。逆にセリフには最大の神経を払って不用意な言葉は徹底的に刈り込むべきだと僕は思います。
「アニメってテンプレの代名詞か、違うだろ。命を吹き込むってことだろ」、SHIROBAKOの名台詞を掲げて、本作のスタッフにはさらなる研鑽を期待します。ただ、いろいろと勉強にはなりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

choal29

Author:choal29
酒と料理をこよなく愛するシステムエンジニアです。
食卓応援サイト「Gの食卓」を運営しています。
↓こちらもよろしく!!
http://diningg2011.web.fc2.com/index.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR