FC2ブログ

鎮める

はれのひ事件に始まり、首相と学園をめぐる愉快な仲間たちの茶番劇、レスリングのパワハラ、日大の危険タックル、かぼちゃの馬車……枚挙に暇がないとはこのことかしらん。今年はあとからあとから悪い大人、無責任な大人の見本市が24時間営業で開かれているようです。ま、大人というのもおこがましくてあの人たちは子供のまま数十年を生きてきたのでしょうね。だから糾弾されても不貞腐れた顔をして拗ねるだけ。
けど、怒りに任せてブログに言いたい放題を書くというのは如何なものか。身近な事例では特定の弁護士に根拠のない懲戒請求を繰り返して名誉毀損で訴えられている事件があります。あれも大半の被告はネット上のブログの内容をなんら検証せずに鵜呑みにしたのが発端。「だって、本当のことが書いてあると思ったんだもん」と開き直る姿はやはり無責任な大人──というより無知な子供そのものです。
インターネットの文化は空前のボーダーレスを実現しました。書こうと思えば首相にメールを送ることだってできます。誰にプロモートしてもらえなくても勝手に歌やダンスや小説などを多くの人に披露することができます。だから勘違いしてしまうんじゃないかな。発信するのは僕らの自由であり権利であると。匿名で発信するのだからその行為の責任を問われることはないと。けどね、それは体のいい詭弁。誰がやったかわからないだろうという開き直りを免責にすり替えているだけで、もちろん免責されるはずはないのです。

今日は朝から梅雨空。ぼんやりと窓打つ雨を見ているとなんだかそういった世事も遠い国の些末なできごとに思えてきます。相変わらず腹立たしいことや理不尽なことは起き続けているし、これからも絶えることはないのでしょう。けどそれは数千年の人類の歴史の中で繰り返されたことで今更取り立てて騒ぐような話ではありません。怒りに任せた想いを発信するその前に、静かな梅雨空を思い出しましょう。なんだか馬鹿馬鹿しくなってそんなことに時間を割こうとしていた自分が滑稽に見えませんか。それよりは今日の朝食に何を食べるかの方がずっと重要だって気になりませんか。長い目で見れば怒りは発散するよりも鎮めたほうが自分のためにも他の人のためにもなることを僕らは肝に銘じるべきなんじゃないかなとふと思った日曜の朝でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

choal29

Author:choal29
酒と料理をこよなく愛するシステムエンジニアです。
食卓応援サイト「Gの食卓」を運営しています。
↓こちらもよろしく!!
http://diningg2011.web.fc2.com/index.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR