FC2ブログ

若しもかの星に

大学時代に歌った男声合唱のスコアでこんな楽曲がありました。
若しもかの星に 百田宗治
もしもかの星に、
 夜の空の遠い一つの星のなかに、
 取残された一人の人間が居るならば、
そしてもし彼がそこから
吾々のこの世界を見るならば、
 吾々の、
この賑やかで樂しげな
地上の世界をみるならば、
おゝおそらく彼は孤獨に狂ふだろう、
 聲はり上げて叫ぶだらう、
 絶望の叫喚を投げるだらう、
 彼はそこから飛び降りたく思ふだらう、
が、彼はなほそこに止まらねばならぬ、
して、日夜、
 彼はたゞ獨り
この繋がりなき距りを見ねばならぬ、
そこに彼は生きねばならぬ、
あゝ若し吾々の一人がかゝる
おそろしい絶望のうちに生きるならば、
おゝ然して彼が尚ほ生きるならば‥‥。

ロビンソン・クルーソーも真っ青な恐ろしいシチュエーションですが、彼がこの詩を書いたのは第一次世界大戦が終わったばかりの大正時代。その豊かな想像力には畏怖すら感じます。

僕は昨年、病を得て入院し、職場に復帰すると元の部署には戻れず(ま、そんな状態で客商売はできないですよね)、わりとぽつんと取り残された状態の業務になりました。今また、体調を崩して在宅勤務にシフトし、朝から晩まで小さな部屋の中で暮らす日々。人と言葉を交わすこともなく(って、咳がひどいからそれはありがたいのですが)、今の自分ってこの詩に出てくる男によく似てるよなぁとふと気付きました。幸か不幸か僕は想像力、空想力は配って歩けるくらい持ち合わせていますのですぐに「いや全然ちゃうやろ」と気付きました。家を出れば大勢の人が歩いている、行きつけの呑み屋もあれば、家族に電話やメールをすることもできる。家の中にいてさえネットの友人たちと会話することもできる。そんな恵まれた境遇のロビンソン・クルーソーがいてたまりますか。

けれど中には自らを孤独の闇に追い詰めこの詩の男のように狂う人もいるようです。
新幹線で刃物を振り回して乗客を殺めた男がいました。
警官を殺して奪った拳銃で更に小学校の警備員を殺した男がいました。
ネットで揶揄されたと怒り、一面識もないITセミナーの講師を刺殺した男がいました。
彼らは立場も境遇も様々ですが、共通することが一つ。自分は孤独だと思い込んでいたこと。本当は家族もいれば職場の同僚もいたにも関わらず、闇雲に自分は孤独だと思い詰めていたこと。もし、彼らに一片の想像力が残っていて周りをもう一度見る余裕があったならば。深呼吸を一つして周りを見直せば決して自分は孤独でないことに気付けたならば。自分は孤独だという呪詛の言葉は単に現状から逃避するための安易な詭弁にほかならないと思い至っていれば。事件は起きなかったかもしれない──そう思うと残念でなりません。
一週間、在宅勤務をして人恋しくなったので昨夜は駅前の馴染みの店に顔を出しました。旨い日本酒を戴きながらふと30年前に出会った詩を思い出し、この男ともろもろの事件の犯人はどこか似ているなとふと思った次第。けれど、似ているのは想いだけであって境遇はまるで違います。彼らはこの詩の男のように真実の孤独の中になど身を置いていません。ただ、現実から逃避したくて安易に自暴自棄に身を任せただけです。願わくば似たことを胸に秘めている殺人者の予備軍たちに一片の想像力があらんことを。切に願ってやみません。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

choal29

Author:choal29
酒と料理をこよなく愛するシステムエンジニアです。
食卓応援サイト「Gの食卓」を運営しています。
↓こちらもよろしく!!
http://diningg2011.web.fc2.com/index.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR