FC2ブログ

在宅勤務に向き不向き

在宅勤務を始めてそれなりの月日が経ちました(1ヶ月くらいかな)。どんなことでも、やってみて初めてわかることがあるものですが、この勤務形態は人によって向き不向きがあるよなぁと実感しています(ま、それはやる前から想像していた通りなのですが)。
まず、仕事とプライベートのスイッチが頭の中にないと務まりません。ここが家だと思って就業時間が過ぎているのにだらだらネットを眺めていたり挙げ句はテレビや映画を観ていたり、更にはちょっとだけって近所をうろうろしたり(休日じゃないっつーの)、そういう人には向かないと思います。逆に、今日の終わりを決めかねていつまでも仕事をしたがる人にも向きません(SEの中にはこのタイプが実に多いのだ)。そういう人に限って「通勤時間がなくなったからもうちょっとやってもバチは当たらない」とか勝手な理屈をこねちゃうんですよね。あと、静かな環境だと落ち着かないという人にも向かないかも、その点僕は休日出勤しても仕事中は無音なので(音楽が鳴ってると気が散るのだ)、問題なし。逆に小さな子供さんや奥さんがいる人にも向かないかも。家では仕事にならずどこか図書館とかにでも出かけていくというのはいささか本末転倒。
ま、そのあたりをクリアして自分で自分にケジメが付けられる人には実に合理的な勤務形態だと思います。で、やってみて改めて気づいたことが一つ。「在宅勤務ってインターネットに似てる」。即時性が実に良いのです。たとえば、通勤しているとお弁当の中身は夕べからもう決まっています。けど、在宅勤務ならお昼前に「あ、あれが食べたい」と思ったら作って食べられるんですよね。あるいは、朝バタバタしていて洗い物を片付けずに家を出たりすると「今晩帰ったら、まずは洗い物か」と憂鬱になっちゃいますが、在宅勤務だとちょっとした気分転換として仕事の合間にいつでも済ませられます。あるいは、キッチンの扉の引手が壊れちゃったとか(この前、ホントにあった)すると、週末の用事が一つ増えるのですが、在宅勤務ならこれも仕事の合間に瞬間接着剤でパパっと済ませてしまえます。
インターネットがなかった頃の生活では、ニュースは新聞かより速くてもテレビのニュースの時間を待たないといけませんでした。夜中に何か調べ物が必要になっても夜が明けるのを待って図書館に出かけなければなりませんでした。例えて言えばこれが通勤して会社で仕事をする形態なのです。職場と家が物理的に分断されているので2、3分で済むことさえ家に帰ってからでないとできません。反面、在宅勤務はインターネットがある生活。職場と家が物理的に同じなのでちょっとした雑用なら実に効率的に片がついて夜帰ってからとか週末に持ち越す必要がないのです。ただ、このあたりも度が過ぎると本末転倒で、試験直前の学生よろしく仕事から逃避したくて急に部屋の片付けを始めたりするような人はやっぱり在宅勤務に向かないと思います。
やってみて改めてわかったこと。在宅勤務を上手にこなすコツは一日のゴールを明確に設定すること。今日一日が終わった時にここまでできていることというリストを作っておくことです。で、あとはゴールをめざしてがむしゃらに仕事をする。ゴールにたどり着けさえすればたかだか、2、3分家の用事を片していても何の問題もありません。というかそれを含めて一日の仕事と考えても差し支えないかも。在宅勤務をしていると生活の中に、生活の一部として仕事が溶け込んできた──それを実感している今日この頃です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

choal29

Author:choal29
酒と料理をこよなく愛するシステムエンジニアです。
食卓応援サイト「Gの食卓」を運営しています。
↓こちらもよろしく!!
http://diningg2011.web.fc2.com/index.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR