FC2ブログ

夏をあきらめないで

日本は四季のはっきりした国ですので、小説や映像世界でも季節感がくっきりと出た作品がたくさんあります。
夏を題材にした作品で僕が一番に思い出すのは大林宣彦の「異人たちとの夏」かな。二十年前に亡くなった父を浅草の演芸場で見かけた主人公。彼にいざなわれて主人公は昔両親と暮らしたアパートに──もうとうになくなったはずのアパートにやってきます。そこには懐かしい母もいて……。ノスタルジックで切ない出来事をむせ返るような夏が鮮やかに演出してくれます。
それから、細田守の「時をかける少女」、「サマーウォーズ」。どちらも、くっきりとした青空が印象的。特にサマーウォーズは大勢の親戚が集まる田舎のお屋敷(無駄に広い)の雰囲気が多くの人の原風景と重なって郷愁を誘います。
あと、「サマータイムマシン・ブルース」大学のサークルボックスに突如タイムマシーンが現れ、「なら、昨日壊してしまったクーラーのリモコンを取ってこよう。この暑さ、マジやってらんねぇ」などとくだらないことにマシンを有効活用しようとするコメディ。大学のゆるいサークルの雰囲気がよく出ていて、「あー、こんな過ごし方してたよなぁ」とニヤついてしまいました。
番外編は松本清張原作の「砂の器」かな。本編は特に夏が強調されているわけではないのですが、丹波哲郎と森田健作が演じる刑事たちが歩く未舗装で砂埃の舞う道路がはるか昔の日本の夏を思い出させてくれます。そうそう、昔の道路ってアスファルトじゃないところがいっぱいあって土の匂いがしたんだよなぁ。

この季節になるとネットのニュースは連日のように「今日も暑いよ」と告げてくれます。それに対するコメントは夏に対する呪詛のオンパレード。「早く秋になれ、冬になれ」ってね。けど、僕はこの国の蒸し暑い夏が大好きです。だって、スイカや桃が美味しく食べられるのは夏だからじゃないですか。夕方、少し暗くなった頃に涼やかなグラスに冷酒を張って窓際で夕風に吹かれながら呑む楽しみは夏にしか味わえないじゃないですか。道を歩いていて打ち水を見かけるとついつい寄っていって思わずむせそうなくらいのもわっとしたアスファルトの匂いを嗅げるのもこの季節ならではのことじゃないですか。そして何より、夏は他の季節よりずっと強く遠い昔を思い出させてくれる季節だと僕は思うのです。それは、春や秋や冬が判で押したような学校生活を過ごしていたのに対して夏は何をしてもかまわない夏休みがあったからかもしれませんね。
今の僕らは少し想像を膨らませて楽しむということを忘れてしまっているのかもしれません。けどね、エアコンを切って外の暑い風を部屋に入れましょう。しっかり帽子を被って外に出ていきましょう。そしたら、日射病になるよと言われながら(熱中症という言葉は僕の子供の頃にはなかったな)友達との待ち合わせ場所に駆けて行ったあの頃の思い出が蘇って来るかもしれません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

choal29

Author:choal29
酒と料理をこよなく愛するシステムエンジニアです。
食卓応援サイト「Gの食卓」を運営しています。
↓こちらもよろしく!!
http://diningg2011.web.fc2.com/index.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR