FC2ブログ

効率化と手抜き

手塩にかける──。常々思うことですが、日本人はこの言葉が大好きみたいです。リスペクト、ではなくフェーバリットに近い感情? この言葉に遭遇すると反射的に恍惚とした表情を浮かべるほどに。

反面、効率化という言葉に対しては反射的に敵意を抱く日本人が少なくありません。表面的には「あ、効率化ね。そうだね。やらなくちゃいけないね」と口にしつつ、その取り組みが遅々として進まない一因は、あからさまにその取り組みに対して消極的だからだと僕は思っています。

個人差はあれ、その傾向は年代が上がるにつれて顕著です。

そうなる心理を考察するに、「効率化する」=「楽をする」、「楽をする」=「罪悪」という思考が働いているのじゃないかしらんという結論が容易に思い浮かびます。
人によっては、更に思考が進んで「楽をする」=「手抜き」という突き抜けた極論にまで至っている人も一定数いる気が僕はしています。

もちろん効率化と手抜きは、本質的に全くの別物です。その極論に走る人達も心の底ではそれは分かっていると思います。けど、わかっちゃいるけどやめられない、止まらない。どうにも抑え切れない衝動が身体の奥底から湧き上がってくるのです。

手を休めるな。汗を流せ。手塩にかけろ。働け、働け、働け……。

湧き上がってくるその囁きは我々の血に刻まれた遺伝子のなせるわざなんじゃないかと僕は常々思っています。

明治になるまで日本人の9割は百姓でした。言うまでもなく、農耕作業は自分が手を動かさなければ何も始まりません。そして作物を収穫するまで、1日たりとも手を止めることは許されません。

羊を放牧したらあとは草を食んでいるのを眺めている牧童とは仕事の本質が違います。獲物を追ってそれを狩れば、後は寝て暮らす狩人の仕事とも別物です。

牧童は日がな一日、羊を眺めているうちに、「あれ? 羊を追うだけだったら、犬にやらせておけば良くなくね?」と思い付きました。牧羊犬の発明──、業務の効率化がなされたのです。

他方、一日中自らが手を動かし続ける百姓の思考が進むことはほとんどありませんでした。来る日も来る日も、何年も何年も、同じやり方を踏襲するのみ。どうすればもっと仕事が楽になるかと言う発想には至らないまま近代を迎え、戦後、外国から画期的な農耕機器がもたらされるまで、「人が手を動かさなければ収穫は訪れない」という発想に囚われたままだったと考察します。

身体の髄にまで染み付いた仕事への想いは遺伝子となって僕らの血の中にも流れています。って、遺伝子とはまた大げさなと思う方もいらっしゃるでしょう。

けどね、江戸時代もその前の時代も煎じ詰めれば遥か昔じゃないのです。幾日か前の「昨日」に過ぎないのですよ。何十万日前か知らないけれどとにかく数を数えられる日数の昨日なのです。

僕らの多くが祖父母の顔を知っているように、僕らの祖父母もその祖父母の顔を知っていました。祖父母の祖父母もまたその祖父母の顔を知っていました。その人たちはリアルタイムで江戸時代を生きていて、子や孫に仕事のあり方を叩き込んでいたのです。教わった子や孫はそのまた子や孫に伝承していき、その突端に僕らがいるのです。

そして歴史は僕らで終わりではありません。僕らもまた子や孫に伝えていくのです。

額に汗して働くことは尊い。楽をすることは罪悪だと。

日本の生産性は先進国の中では最低だとずいぶん前から問題提起されてきました。

小手先の対策を打ったところで容易にこの問題は解決しないんじゃないかしらんと僕が思うのは、僕らの血脈に呪いにも似た因習的遺伝子が刻まれていると考えるからです。

今はそんな時代じゃない。価値観は昔と変わったんだ。声高に反論する人もたくさんいると思います。けどね、そう反論すること自体、古い価値観に未だにこだわっていることを自覚していて、そこから脱却しようとする行為は逆説的に未だ因習的 に囚われていることの査証になりはしないでしょうか。

せめて誰もが有休休暇を何のためらいもなく取ることができる時代が来れば、効率化を図って楽になっても罪悪感を感じなくなるのじゃないかな。

矛盾して聞こえるかもしれませんが、その時こそ、楽になればなっただけ、生産性が上がる時代がやってくると僕は思うのです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

choal29

Author:choal29
食べることが大好きで料理をすることも大好きなシステムエンジニアです。 料理は年々マニアックになってきていて、近頃はamazonからレシピ本など出しております。
詳しくはhttps://www.amazon.co.jp/ref=nav_logo で「五島 悠介」を検索してね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR